切った後のほつれ処理がいらないフェルトは便利な生地です。このフェルト生地を使ったアートフラワーが静かな人気となっています。
ここでは作りやすい四種類のフェルトフラワーをご紹介します。

100均のフェルトでハンドメイドできる桜の作り方

材料
□100円ショップのフェルト
濃ピンク、薄ピンク、白の三種類があると春らしく華やかです。

□刺繍糸
白とピンクの二色

□シードビーズ
黄色の丸小ビーズを使ってください。

□縫い糸と針

作り方
① フェルトを直径5cmほどの桜の形に切り抜きます。あらかじめ型紙を作ってその通りに切っていくと便利です。
② 桜の中心から刺繍糸で放射状に短い線を7~8本縫います。ピンク色の桜には白い糸、白い桜にはピンクの糸を使ってください。
③ 刺繍糸の線の先端にシードビーズを一粒ずつ縫いとめます。
④ 花の裏側から針を入れ、花の中心から1.5cmほどのところを中心を囲むようにざっくりと縫って再び裏側に針と糸を出したら糸を引いて花の形を絞ります。
⑤ 縫い始めと縫い終わりの糸を結んで形を整えてください。

100均のフェルトでハンドメイドできるバラの作り方

材料
□100円ショップのフェルト
好みの色を使ってください。

□布用接着剤

作り方
① フェルトから花びらを切り出します。タテ4cm、ヨコ8cmの楕円を3枚とタテ5cm、ヨコ10cmの楕円を2枚作り、両方タテで二つに切ります。丸い側を1cmほどカットして、ゆるいカーブになるようハサミで形を整えてください。
② 底辺が4cmの花びらの下側に接着剤を塗り、内側に巻いて丸めます。
③ 同じように下側に接着剤を塗り、底が平らになるように花びらを巻き付けていきます。底辺4cmの花びらが内側、5cmのが外側にくるようにしてください。
⑤ 花の底面にあわせた大きさの円形にフェルトを切り抜き、接着剤で貼りつけます。

100均のフェルトでハンドメイドできるコスモスの作り方

材料
□100円ショップのフェルト
赤、ピンク、白などを組み合わせるとコスモスらしくなります。

□デコレーションボール
ダイソーで販売しているミニサイズのポンポンです。もっとも小さい1cmサイズで黄色が入っているものを購入してください。

□縫い糸と針

作り方
① コスモスの形をフェルトから切り出します。直径8cmの円をフェルトから切り抜いてください。
② 円の外側から中心に向かって、3cmの切れ込みを8カ所入れます。切れた部分ははさみでコスモスの花びらの形に整えてください。
③ 花の中心部分に黄色のデコレーションボールを置き、裏側からデコレーションボールの下側を包むようにして縫い止めます。花があまり窄まらないよう調整してください。

100均のフェルトでハンドメイドできるポインセチアの作り方

材料
□100円ショップのフェルト
緑色と赤色、ほかお好みで白色を用意してください。

□小さい丸型のメタルビーズ(金色)

□布用接着剤

□縫い針と糸

作り方
① 緑色のフェルトからタテ6cmヨコ4cmの葉型を6枚と直径3cmの円を1枚切り出します。赤色もしくは白色のフェルトからはタテ5cmヨコ3cmの葉型を5枚、タテ4cmヨコ2cmの葉型を3枚切り出してください。
② 緑色の葉型が均等な放射状になるよう根元を円形のフェルトに接着剤で張り合わせます。その上から赤色のタテ5cmの葉型の根元を緑色の葉と向きをずらしながら同様に貼り、さらにタテ4cmの葉型もその上に同じようにして貼り合わせます。
③ 中心の隙間を埋めるようにメタルビーズを5~6個縫いつけます。
④ 円形のフェルトを外側からざっくりと縫い、中心が少し窄むように糸を引いて調節します。縫い終わりの糸は縫い始めの糸と結び合わせ、残りの糸はカットします。

まとめ

できあがったフェルトフラワーはアクセサリーに用いるだけでなく、ワイヤーを通してフラワーテープを巻きつけブーケにしたり、糸を通して吊るし飾りにしたりと様々に活用することができます。色は鮮やかでもどこか温もりを感じるのもフェルトフラワーが愛好される理由のひとつです。季節に合わせたフェルトフラワー作りをぜひ楽しんでみてください。