100円ショップで販売されているはぎれは、思いの他生地もしっかりしていてデザインも素敵なものがたくさんあります。中には子供が好むキャラクターものもあり、布地をチェックする際には見逃せない存在です。
この100円ショップのはぎれを使い、直線の並縫いとまつり縫いあるいはジグザグ縫いだけでできる型紙いらずの小物を紹介します。ミシンの練習用にも利用してください。

100均のはぎれで作る2枚重ねのコースター

材料
□はぎれ 10cm×10cm 2枚
□縫い糸
□リボンや綿テープ

作り方
① はぎれは表面を内側にして2枚をあわせ、辺の途中から縫い代1cmでぐるりと縫っていきます。3cmを縫い残して止めます。
② 縫い残した場所(返し口と呼びます)から指を入れ、裏表を返します。隅は楊枝などで突いてしっかり形を整えます。
③ 縫った場所と同様に返し口も内側にたたみ、アイロンをかけます。
④ リボンなどを短く切り、端を裏側同士で合わせて輪にしたら返し口に挟んでまち針で止めておきます。これでタグを作ります。
⑤ 端5mmのところをぐるりと一周縫って完成です。最後にもう一度アイロンをかけてください。

100均のはぎれとキルト芯で作るキルティングランチョンマット

材料
□はぎれ 19cm×13cm 4枚
□裏地布 36cn×24cm 1枚
□キルト芯 36cm×24cm 1枚
□バイアステープ
□チャコペン 水で消えるタイプ
□縫い糸

作り方
① はぎれを縫い代1cmでパッチワークしていきます。13cmの辺同士を中表に合わせて端から1cmで縫い、もう2枚も同じように13cmの辺を中表に縫います。2枚を開いたら今度は36cmの辺を縫い代1cmで中表に縫います。開いたら裏返し、縫い代が左右に分かれて倒れるようアイロンをかけます。
② 縫い合わせたはぎれと裏地布の間にキルト芯を挟み、ずれないように3枚まとめてまち針で止めます。
③ 左上から右下に向けて端から端まで斜めにチャコペンで線を引き、その線と平行になる線を同じく端から端まで4cm間隔で全体に書き入れます。次は右上から左下に向けて、同じく4cm間隔で線を書きます。この格子状の模様通りに3枚重ねて縫います。
④ バイアステープの先端を1cmほど内側に折り込み、まち針で止めながらテープで端を挟んでいきます。バイアステープは折り目からの長さが少し違います。長い方を下側にして挟んでいってください。角部分はテープを内側に折り込みながらまち針でしっかり止めます。一周したら1.5cm長めにテープをカットし、内側に折り込んで挟み始めを少しだけ覆うようにします。
⑤ バイアステープで綴じるようにテープの上を縫います。最後は返し縫いをし、アイロンをかけてください。チャコペンはティッシュなどに水を含ませて押さえれば消えます。

100均のはぎれで作る裏地なしミニトートバッグ

材料
□はぎれ 24cm×17cm 2枚
6cm×25cm 2枚
□チャコペン
□縫い糸

作り方
① 6cm×25cmのはぎれの6cm辺を上にし、裏を内側にして縦半分に折ってアイロンで癖をつけます。一度開いて今度は左右から中心に向けて折り、それをさらに半分に折ってアイロンをかけます。1.5cm×25cmの紐になりますので両脇の端から2mmを縫っておきます。もう1本同様に作ります。
② 24cn×17cmのはぎれを中表に合わせ、17cmの辺を片方残して残り3辺を縫い代1cmで縫い合わせます。さらに縫い代の外側を手縫いの場合はまつり縫い、ミシンの場合はジグザグ縫いし、ほつれ処理をしておきます。
③ はぎれ生地は裏側を出したまま、縫わずにおいた部分を二度外側に折り返します。1度目は1cm、2度目は2cmで折り、できるだけ生地がだぼつかないようしっかり伸ばしてアイロンをかけます。ここがバッグの口になります。
④ 折った部分の下側の端から5mmと上側の端から5mmをそれぞれ一周縫います。バッグの口にステッチが2本入ったら、裏表を返します。袋の両脇を合わせて半分に折り、中心にチャコペンで小さく印をつけておきます。
⑤ ①で作っておいた紐の両端を1cm内側に折ってアイロンをかけ、さっきつけておいた印から左右両方が同じ長さになる位置に持ち手の両端を仮止めします。口にかけた下の方のステッチに持ち手の端が重なるようにしてまち針で止め、反対側も同様にします。
⑥ 持ち手と本体が重なる部分に持ち手の上から四角を書くように縫い、その四角の中に隅を斜めに繋ぐように×字を縫います。この四角と×字を持ち手の端すべてに入れて完成です。

まとめ

上記の作品はミシンでも手縫いでも簡単に作れます。また他の材料もすべて100円ショップで揃うので便利です。作品の幅が広がっても100円ショップのはぎれは役立ちますので、気になったら入手しておくことをお勧めします。