100円ショップには季節感を活かした素敵な柄の手ぬぐいがシーズンごとに売り出されます。そのまま手ぬぐいとして使うのもいいですが、バッグやポーチにリメイクすれば手元で長く楽しむことができます。好きな柄の手ぬぐいを見つけたらぜひ作りたい袋物をまとめました。

100均の手ぬぐいでハンドメイドできる裏地付きミニトートバッグ

材料
□手ぬぐい 2枚
1枚は裏地として使います。
□縫い糸

作り方
① 2枚の手ぬぐいからそれぞれ20cm×56cmの生地を切り取り、表地の手ぬぐいからはさらに6cm×32cmの生地を2枚取ります。長さが足りない場合は少し短めに調節するか、手ぬぐいの端の縫い目を解いて使ってください。切り抜いた生地はアイロンをかけて伸ばしておきます。
② 6cm×32cmの生地で持ち手を作ります。6cmの辺を半分に折ってアイロンで癖をつけてから開き、次は両端から癖をつけた中心の線に向けてアイロンをかけながら内側に折り込み、それをさらに半分に折ってアイロンをかけたらまち針で留めて両端を縫います。1.5cm×32cmの紐ができていれば大丈夫です。
③ 表地の20cmの辺を半分に折って中心に印をつけ、中心から両側4cmずつ離して表側の端に持ち手を仮止めします。表側の生地に持ち手がぶら下がるような形に見えるよう、20cm辺の端5mmほどのところで仮縫いしておきます。これを両端にします。
④ 裏地を裏返して表地の上にぴったりとかぶせ、持ち手をつけた20cmの辺の端を縫い代1cmで縫います。このとき返し口として片方の持ち手の間だけ縫い残しておきます。
⑤ 縫い目を割ってアイロンをかけ、この縫い目同士が中心で上下に重なるよう生地をずらします。表地と裏地が左右半分に分かれた状態になりますので、表地同士と裏地同士が完全に重なるようにして端にアイロンで折り目をつけます。
⑥ 輪の開いている端を縫い合わせます。表地は縫い代1cm、裏地は縫い代1.3cm程度で縫ってください。
⑦ 返し口から表裏を返し、表地の端を尖ったもので突いてしっかりと整えたら裏地を中に入れ込みます。最後にバッグの口を端ぎりぎりで一周縫って完成です。

100均の手ぬぐいでハンドメイドできる巾着袋

材料
□手ぬぐい 1枚
□手芸用のカラーコード
□縫い糸

作り方
① 手ぬぐいを20cm×32cmでカットし、アイロンをかけておきます。
② カットした生地を裏返し、32cmの辺を上にして1cmで内側に折り返しアイロンで癖をつけます。そこからさらに2cm折り返し、その折り目にも癖をつけておきます。
③ 2cm折り返した方をいったん戻し、両横端と下の端をほつれ止めします。
④ 生地を中表に縦半分に折り、脇の端を上から6cm残して縫い代1cmで縫います。縫い代を割り、縫い残した6cmも同じように割ってアイロンをかけます。
⑤ 縫い残し部分を囲むように、上だけをあけたコの字に縫います。下は縫い残し分より少し下まで縫い囲みます。
⑥ 割った縫い代を元に戻し、底辺を縫い代1cmで縫います。
⑦ 上辺で先に折って戻した2cmの折り目を再度折り、折り返しの端を縫ってひも通しを作ります。
⑧ 表裏を返し、ひも通し針を使ってカラーコードを通します。最後に使いやすい長さでコードをカットして2本まとめて一結びします。

100均の手ぬぐいで簡単にハンドメイドできるあずま袋

材料
□手ぬぐい 1枚
□縫い糸

作り方
① 手ぬぐいの長い辺の長さを測り、正確に三等分して右から中表に三つ折します。折り目にはアイロンで癖をつけておきます。
② 左側を開き、右側の折ってある方だけ上の辺を縫い合わせます。縫った下の方は斜めにめくっておきます。
③ 左側を元のように折り、今度は下の辺を縫い合わせます。最後に裏表を返して完成です。

まとめ

100円ショップの手ぬぐいは生地が薄いので、耐久性が気になる場合は裏地をつけてください。好きな柄の手ぬぐいを2枚使ってリバーシブルにするのも素敵です。
また手ぬぐいの柄に合った装飾やポケットを付けると、さらに使いやすくなり愛着もわきます。季節感のある素敵な手ぬぐいでお気に入りの袋物を作ってみてください。