マカロンポーチとは、ファスナーで開け閉じできる丸い小さなポーチです。洋菓子のマカロンに似ている形からマカロンポーチやマカロンケースと呼ばれており、コインが入る程度の大きさなのでストラップやチャームに付けて楽しんでいる人もいます。
マカロンポーチの基本的な作り方と、他と少し差がつくアレンジを紹介します。

マカロンポーチの基本の作り方

材料
□好みの生地 表側丸型2枚 内側丸型2枚
□厚紙 丸型2枚
□キルト芯 表側丸型2枚 内側丸型2枚
□マカロンポーチ用の型かくるみボタンのドーム状パーツ
□ファスナー
□リボンテープ

マカロン型やくるみボタンツパーツの大きさによって、布地のサイズもファスナーの長さも変わってきます。詳しくは下記を参考にしてください。

・型の大きさ 直径5cm
表布直径7.5cm 裏布直径6.5cm 厚紙直径5cm キルト芯表側直径6cm 内側直径5cm ファスナー15cm
・型の大きさ 直径4cm
表布直径6.5cm 裏布直径5cm 厚紙直径3.6cm キルト芯表側直径5cm 内側直径3.6cm ファスナー12cm
・型の大きさ 直径3.5cm
表布直径6cm 裏布直径4.8cm 厚紙直径3cm キルト芯表側直径4.5cm 内側直径3cm ファスナー10cm

作り方
① 表側生地の内1枚を裏表に置き、その上にキルト芯、内側を上にしたマカロン型を置いて生地の端をぐし縫いし、引き締めてマカロン型をくるみ玉止めします。これをもうひとつ作っておきます。
② ファスナーは表を内側にして端と端を重ね、輪の大きさがマカロン型の外径に合うように端を縫い合わせます。端の余計な部分を切り落としたらアイロンで縫い代を割り、ファスナーの縫い代を隠すようにリボンテープを縫い付けます。
③ ファスナーを表に返したら上下部分をぐし縫いして引き締め、マカロンの表布にコの字縫いでファスナーを縫い付けます。
④ 内側生地を裏表に置き、その上にキルト芯と厚紙を置いて表側と同じように内側生地も端をぐし縫いして引き締めます。
⑤ 内側のファスナーの生地を中に倒し、厚紙側を下にした内側の生地をはめこみます。周囲をコの字で縫い付けたら完成です。

100均の材料でできる刺繍でマカロンポーチをアレンジ

マカロンの表生地に刺繍をしてから型を切り抜いてくるみます。小さいのでちょっとした刺繍を刺すだけでも主役になります。
ビーズやビジュー、スパンコールを縫い付けてもきれいです。いずれも100円ショップで手に入ります。厚みがあるものを縫い付ける場合は生地で型をくるんでからにしてください。

100均の材料でできるつまみ細工でマカロンポーチをアレンジ

100円ショップにはつまみ細工に使えるちりめん生地も多数あります。つまみ細工の花でマカロンポーチを華やかに飾ってみてください。

材料、道具
□マカロンポーチ 完成品
□ちりめん生地
□フェルト生地
□パールビーズ
□ピンセット
□ボンド
□はさみ

作り方
① 台座に使うフェルト生地を作りたい花のサイズよりふた回りほど小さい円形に切ります。つまみ細工の台座には本来厚紙とちりめんを使いますが、マカロンポーチに使うとかさばるのでフェルトで代用します。
② ちりめん生地を小さい正方形に切り、ピンセットで花びらを作ります。必要枚数できたらフェルト生地の台座にボンドで花の形に貼り付けます。花の形が整ったら花の中心にパールビーズをボンドで留めます。
③ マカロンポーチにつまみ細工の花を縫い付けます。

まとめ

小さく材料費もかからないマカロンポーチは、慣れるといくつも作りたくなるアイテムです。使う布地も少なくて済むので、気に入っているけど小物を作るには少し足りないというはぎれがあればぜひマカロンポーチにしてみてください。コインやアクセサリーだけでなく、ピルケースやイヤホンケースの代わりにしたりと工夫次第で便利に使うことができます。