もしかしたら聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、皆さんはハーバリウムというものをご存知でしょうか。それは複数個の植物標本を表わす言葉のことで、現在では植物を特殊な液体に浸けて長く鑑賞できる魅惑のインテリアとして一部では認識されていてまだそこまでメジャーなものではありませんが、今後先じわじわと人気が出てくるのではないかと予想されています。特殊な液体に浸けるので、お手入れもいらず約3か月~1年くらい美しいままで保存が可能ということで好きな植物を使って自作されている方も少なくはありません。ここではまだ知名度もそんなに高くないハーバリウムについて少し詳しくご説明します。

必要な物

ハーバリウムに必要なものはドライフラワーとハーバリウム専用のオイルと密封出来る小瓶です。この中で100円ショップで購入できるものは密封出来る小瓶です。

残念ながら、知名度の低さが原因なのか100円ショップではまだハーバリウム専用のオイルも販売されていません。入手するのも少し厄介だそうで、製作者の皆さんは主にベビーオイルを代用してつかっているのがほとんどだそうです。しかし、ベビーオイルは植物の色を溶かしてしまう傾向があるためあまり長持ちしないのが現実です。

作り方

ハーバリウムの作り方は、まず密封する小瓶を用意ししっかりと消毒をして乾燥させます。その後、小瓶にオイルを注ぎ込みドライフラワーから花粉などをキレイに払い浸け込みます。そしてビンの栓をして完成です。作り方自体は何も難しいことはありません。

ここでポイントとして、生花ではなくドライフラワーをチョイスすることです。生花は色が溶けだしやすいので数日でオイルが濁ってしまうので注意が必要です。しかし、普通のドライフラワーでは綺麗なハーバリウムが作れるか疑問です。

ハーバリウム用ドライフラワー

ドライフラワーは通常生花を風通しの良い場所に干して作りますが、これだと花がすっかり乾燥するまでにかなり色落ちしてしまいます。そんな時に大きな力を発揮してくれるのがシリカゲルと呼ばれる乾燥材です。ドライフラワーの色落ち防止にはこのシリカゲルを大量に使う必要があります。購入する場合はAmazonなどで割と安い値段で販売していますので是非チェックしてみてください。

色落ちしにくいドライフラワーはタッパーなどの容器を用意して、タッパーの底にシリカゲルを敷きキッチンペーパーで優しく花の水分を拭き取りシリカゲルの上に乗せます。そして花を埋めるようにシリカゲルをかけてフタをして湿気のない場所で10~15にちほど放置すれば完成となります。全く色落ちしないというわけにはいきませんが、干して乾燥させた時よりも色は綺麗に残りますので、ハーバリウムを作るときはこの方法で試してみてください。

100均グッズで面白いラッピング

100円ショップでもいろんな種類の紙コップが販売されています。実は、この紙コップを使ってラッピングが出来るというアイデアがありま。ここではそのアイデアの一つであるポーション型のラッピングをご紹介します。誰でも簡単に作ることが出来て、ルックスもオシャレで使いやすく、貰った方もきっと喜んでくれるはずです。

例えば、ホームパーティなどの帰りにお土産として、ちょっとしたお菓子の詰め合わせなどをプレゼントする時にもうちょっと趣向を凝らしたラッピングをしたいと思ったことはありませんか?紙コップを使ったラッピングで機能的でオシャレな優れたラッピングアイデアはたくさんありますが、その中でも簡単に作れて、カワイイラッピングの方法がこのポーション型ラッピングです。

用意するもの

製作する際に必要なものは、紙コップ・ノリまたは両面テープ・折り紙・はさみがあれば製作出来ます。全て100円ショップで買い揃えることが出来ますので、低コストで作品製作が出来ます。

作り方

まず、紙コップの中に収まるぐらいのお菓子やおもちゃを紙コップに詰めていきます。お菓子は個包装されている物だと入れやすいのでそのタイプのお菓子に限定しましょう。

次に、紙コップの縁を糊付けします。接着するのはノリだけでなく、細く切った両面テープも使えます。また、通常のノリには間違って口に入れてしまうと危険なタイプもありますので、個包装されていない例えば手作りのお菓子などを入れるときには、もしも口に入れてしまっても大丈夫なようにでんぷん糊などを使うことをオススメします。

次にフタを作ります。フタはオシャレなデザインの紙を用意しましょう。一例として、折り紙とクッキングシートという組み合わせも良いでしょう。ただし、クッキングシートはツルツルしているので、ノリ付けしても粘着力が弱い傾向があるので、しっかりフタをしたい場合は折り紙や強度のあるクラフト紙が良いです。

次に、ノリを付けた紙コップの縁に紙を貼り付けます。紙は紙コップよりも大きめのサイズで貼ってください。そして、貼り付けた状態で乾かしましょう。

紙が乾いてくっついたら、フチに合わせてハサミを入れてカットしていきます。取り出しやすいように、コーヒーに入れるポーションのような形にしておくと開けやすいです。カットが完了すれば完成です。もう少し飾りを付けて演出をしたいという方は、リボンを巻くなどをしてオシャレ感を出してみましょう。