100均グッズでできる入園準備と可愛い子供用エプロンのクラフト

冬が終わろうとし、暖かい春がすぐそこまで来ている中、世のお母さん方は新学期や入園を控えているお子さんがいらっしゃるのではないでしょうか。新学期や入園前にしなければならないことと言えば「名前付け」ですよね。子供の年齢を考えれば「そんなことは自分でやりなさい」と言うことが出来ない年なので、やはりお母さんが奮闘しなければなりません。主婦の方とは日頃何かと忙しいので、こういった名前付けは数が多いので結構大変です。ましてシングルマザーで働きながらだと最悪仕事が終わって帰宅してからの深夜に及ぶ作業になりかねません。そんなお忙しいお母さん方のために100均で名前付けグッズを買って早く済ませてしまいましょう。

ダイソーとセリアで買えば間違いはない

今や100円ショップと言えば?の回答はダイソーかセリアしかないほどでもあります。そして、その名前に引けを取らないほどたくさん種類のある名前付けグッズが販売されています。時間削減で早さを優先させるなら、まずは100円ショップに走ってみてください。だいたい3~4枚で100円というパターンが多くそれだけじゃ足りなかったり、あらかじめ名前印刷されているシールとどちらが安いのかなどという疑問をお持ちになったら、まずインターネットで多めの枚数が入ったシールを購入して万が一足りなくなったら100均のシールを購入して代用するというのも手段の一つです。どちらかというと、100均の名前付けシールは少量での販売なのでピンチヒッター的なポジションだと認識しておく方が良いです。

名前付けグッズの種類

では実際にダイソーやセリアにはどんな名前付けグッズが販売しているのかというと

まずはシールタイプです。もし、可愛らしいものが良いとお子さんが言ってもご安心ください。100円ショップではディズニーの名前シールも販売されています。サイズも横長の長方形や正方形や丸いものや小さいものまであるので非常に使い勝手が良いです。また、名前を書いた後は薄紙を取って、上からフィルムコーティングが出来るという雨に濡れたりうっかり水をかけてしまっても大丈夫な優れものです。

続いてはバンド型の名前タグです。これはゴムバンドがネームタグになっていて、例えばお弁当箱やクレヨンなどに使うことが出来ます。幼稚園などで使うマーカーやクレヨンは普通の輪ゴムが付いていますが、劣化して切れたり子供たちがその輪ゴムで遊んで切れて目に入ったという危険も考えられますので、そんな時はこのバンド型が大いに活躍してくれます。

続いてはループタオル用の名前タグです。幼稚園や保育園では手を洗ったり歯磨きした後に使うタオルを持っていきますよね。毎日持って帰ってくるので、かなりのタオルの量が必要なのではとお考えではありませんか?選択をして使いまわすので約3~4枚ほどが妥当でその枚数ならループタオル用の名前タグが大活躍してくれます。しかもアイロン接着なので、当て布をしてハンドタオルに付けるだけと非常に簡単です。

小中学校の家庭科でも作ったエプロンは、子供のエプロンのクラフトにするのもおすすめです。

女の子のエプロンにはウエストの布をくしゅっと寄せてみたり、可愛らしいレースもつけて華やかな見た目にするのもいかがでしょうか。

子供用エプロンの材料

エプロンは型紙を使用します。必要な材料と程度の目安は以下の通りです。

胸当て:縦22㎝×横(上)21㎝、ウエスト部分(下)58㎝

スカート:縦37㎝×横100㎝

肩ひも用(8×22㎝)×2

紐:(2㎝×77㎝)×2本

マジックテープ:2.5㎝四方

レース:3㎝×100㎝

《ポイント》

※115㎝の子供が目安です。

型紙はインターネットで「子供 エプロン 型紙」で検索すればヒットします。あとは実物大に印刷して使用しましょう。

胸当てとスカートの横中央には目印になる点を付けておくと、それを中心にバランスよく仕上げることができます。

胸当ての作り方

胸当ては、着た時に腕周りが邪魔にならないようにカットする必要があります。

腕周りは緩やかな曲線を描くようにカットして、0.5㎝折った後、さらに1㎝折ってアイロンで癖を付けます。その後、外側から0.2㎜のところを縫って補強します。

曲線の目安は横18.5㎝×縦15.5㎝を目安に扇状に切り落とします。

胸当ての縦と横(上)の端も1.5㎝縫い代を取り、裏面から縫い付けます。

型ひもの作り方

首で留めるタイプの肩紐は、端にマジックテープを付けて簡単につけ外しができるようにします。

型ひも部分の作り方は、まずエプロンに縫い付ける部分以外の3辺の縫い代を1㎝ずつ裏面に折り込み、アイロンで抑えて布に癖をつけます。短い辺(端)は最後に折るとまとまりが良いです。

それをさらに縦半分に折って強固な肩ひもにします。まち針で布が動かないように固定し、外側から0.2㎜のところを縫っていきましょう。(エプロンに縫い付ける部分以外の開いている2辺を縫っていきます)

スカートの作り方

スカートの端も1.5㎝縫い代を取り、裏面から縫い付けます。

その後スカートの下部分には裏面からレースを付けていきましょう。外側から1㎝のところからミシンでジグザグ網をして、レースの端がスカートから見えるようにします。

スカートの上部分はぐし縫いをして、スカートにひだができるようにすると女の子らしいエプロンができます。

最後に目印に合わせながらミシンでジグザグ縫いをして、胸当てとスカートをくっつけていきます。スカートの縫い代は胸当て側にもってきて、端から0.2㎜のところを縫い付けていきます。

ひものつけ方

肩ひもは、先にマジックテープを縫い付けておきましょう。その後、エプロンの耳のように裏面から縫い付けます。

腰紐はスカートより指1~2つ分上の位置を目安に縫い付けます。

最初に縫い付けた縫い代に合わせて縫い付けると、余分な縫い糸が見えなくて印象が良いです。縫い糸もそのエプロンの色に合わせたものを使用します。

エコクラフトの小物入れ

エコクラフトと言えば編んで作ったカゴを良く目にしますが、同じカゴでもふた付にして作ると、ふたの模様で印象も変わったものが出来上がります。動物の形のかごが作れるキットは夏休みの自由研究、工作の宿題にもうってつけです。ペン立てやキャンディポットなど実用的なものが作れるのが魅力で100均でもエコクラフトの材料は手に入り、キットもあるので手軽に挑戦できます。小さな作品なら5mほどあれば作ることができます。

クラフトバンド、クラフトテープなどと呼ばれています。色のバリエーションも豊富で様々なメーカーの物を合わせると100色以上あります。平たいテープは好みの大きさに割いて使うことができ竹細工のように編んでいくのですが、テープの代わりに牛乳パックを使用することもできます。編み上がったら、仕上げにニスなどを塗れば防水になります。

レザークラフトの小物入れ

レザークラフトの小物入れを初心者が作るとしたら、きちんとした箱タイプというより四隅をカシメで留めたトレーのタイプが簡単そうです。革、芯材、カシメの入ったキットも売られていて20.5cmx12.5cmのものが約2,500円です。革の種類によって値段も変わってきます。(ボンドや道具は含まれていません。)クロコの型押しや内側にスエードなどを使うと雰囲気も変わります。高級感が魅力で、上達したら自分用だけでなくギフトにもおすすめです。

カルトナージュの小物入れ

フランスからやってきたクラフトです。素敵な花柄の布を貼ったゴージャスな箱から大切な人に渡すアクセサリーやチョコレートギフト用の小さなBOXまで色々作れます。箱そのものを厚紙(カルトン)を切ってボンドで貼り合わせて作る方法と、既にある箱に布や紙を貼ってリメイクしていく方法とがあります。しっかりした箱であればいいので牛乳パックやお菓子の紙箱も最適な材料になり得ます。小さな箱なら端切れでも作れるので、まずは牛乳パックでトライしてみることもできます。

カルトナージュに必要な道具は家にあるものでだいたいまかなえます。厚紙(カルトン)を切るカッターや布を切るはさみ、厚紙や布を貼るためのボンド、箱を作る時に水で濡らして使う水張りテープ(文具店、画材屋さんにあります)、ボンドを塗るための筆、しっかり布を貼りつけるのには、へらやその代わりになるものを使うときれいに貼れます。また用意する布ですが、1種類だけでなく2種類を組み合わせて使い、箱の外側と内側とで模様を変えたりすると素敵です。布や紙を貼り終えたら、レースやモチーフなどで飾ることもできます。フタの部分に布を貼る前に綿を入れておくとふわふわのフタになります。

折り紙の小物入れ

手頃なところで折り紙を使って小物入れを作れます。簡単な折り方しかできなくても折り紙の大きさ、素材を変えることで素敵な小箱になります。また複雑な折り方をすれば、四角の他六角形、八角形などのフタ付の小物入れを作ることも可能で、折り紙の色や柄の組み合わせ方によって華やかにもシックにもなり、アクセサリーやキャンデイなどを入れて大人のギフトボックスとしても十分耐えうる物になります。海外のお土産にも喜ばれそうです。

余ってしまったはぎれの活用術

ハンドメイドで布製品を作った後に必ず出てしまうはぎれはもったいないと感じる方も多いでしょう。はぎれを活用してこそ、ハンドメイドの面白さがでてきます。センスが問われるのがはぎれを使ったハンドメイド製品といえるでしょう。と、少々敷居を高くしてしまいましたが、そんなに難しいことではありません。本当に簡単なのは、端切れを切ってボンドで止めるだけという方法もあります。そのはぎれの組み合わせでセンスが問われるのです。だから、なんでもいいというわけではないのです。

ハンドメイドで文房具をおしゃれに!

ほとんどの方が気付いていませんが、実ははぎれのハンドメイドの可能性って本当に無限大なのです。たしかに、ちいさなはぎれを組み合わせて何かを作るというのは非常に面倒!というイメージがありますが、そんなときは両面テープとアイロンだけで止めてしまうこともできます。もしくは、ボンドで止めてしまったりすることもできますしね。インターネット検索で「はぎれ 活用」と検索するといろんな活用術が出てきます。中でもおすすめなのが、木製のクリップにはぎれを張り付けるだけ。これはクリップの大きさにはぎれを切ってボンドで止めるだけ。これだけでも本当におしゃれになります。木製のクリップはお部屋の壁にヒモを渡してその間に写真を飾るとそれだけで部屋が明るくなります。例えば、洗濯ばさみを使ってまとめていた領収書、冷蔵庫に張ったチラシなども、はぎれで彩った木製クリップを使ったら見た目楽しいですし、何よりもおしゃれ。こういったちょっとした工夫で、家の中の雑貨のおしゃれ感がアップします。

手縫いでサクサク縫うだけコースター

普段コースターって使っていますか?雑貨屋さんに行けば素敵なコースターはいろいろな種類が売っていますが、せっかくはぎれが余っているならば、是非ハンドメイドで作るのは如何でしょうか。材料は、同じ大きさのはぎれ2枚。そして、サクサク縫うだけ。ほら。簡単でしょう?ほどけなければいいからなみ縫いでOK。表はカラフル、裏はシンプルなはぎれを組み合わせてもポップな感じが出ます。2種類以上の組み合わせだけではなく、上半分は柄物で下半分は模様なしのものでも素敵だと思います。モノトーンでそろえてあげても、シックで落ち着いた感じになります。湯呑み、コーヒーカップ、ティーカップなど、どんなシーンでどんなものを置くかをイメージしながら作ると楽しいですよね!お子さんがいる方だったら、お子さんの好きな形のアップリケを付けてあげたらきっと喜ぶはず。お客様が来た時にお出しするコースターだったらどんなものが素敵か、またどんな食卓にしたいかをイメージしながら作ると、ハンドメイドも楽しいですね。