100均の毛糸でハンドメイドできる子供のためのマフラーとケープ

現在100円ショップにはあらゆるハンドメイドの材料が揃っていますが、中でも毛糸の種類の多さは際立っています。色や太さが様々なだけでなく、数種類の糸を縒り合わせた引き揃え糸や小さなポンポンがついているもの、ぼってりとした触感の極太毛糸など専門店にも負けない品揃えです。毛糸独特のちくちく感がないふんわりした糸も多く、ニットが苦手な人も抵抗なく身に着けられます。
子供の肌にも優しいふんわりした糸を選んで、長編みと細編みだけでできる簡単なマフラーとケープをかぎ針で手編みしてみてください。もちろんサイズを変えれば大人も使えます。

100均の毛糸でハンドメイドする子供向けマフラーの作り方

材料、道具
□毛糸
作りたいサイズや毛糸の太さにもよりますが、子供用なら大体3~4玉は必要です。100円ショップの在庫は安定しませんので、少し多めに買い揃えておくことをお勧めします。
□かぎ針
毛糸のパッケージに指示されている号数のかぎ針を用意してください。
□とじ針
□はさみ

作り方
① 糸を左手にかけ、目を立ち上げてマフラーの幅に欲しい分だけ鎖編みをします。
② 立ち上げ目の鎖を3目編み、折り返し長編みをしていきます。これを繰り返します。
③ 糸を換えるときは目の編み終わりに新しい糸を重ね、それまで編んでいた糸とまとめて引き抜きます。糸の端は編み目の内側に入るように編みながら隠します。
④ 最後まで編み終わったら鎖1目編んで糸を引きます。目が締まるまでしっかりと引いたらとじ針に通し、残りの糸を編地に絡ませてから切ります。

フリンジを付けたい場合は20cmに切った毛糸を3本組みにして付けたいフリンジの数だけ用意し、端の編み目にとじ針を使って20cmの中心あたりを引き入れて輪にします。そこに残った端を通して引き締めればフリンジの完成です。すべて付けたら最後にはさみで長さを揃えてください。

100均の毛糸でハンドメイドする子供向けストールケープの作り方

材料、道具
□毛糸 5~6玉
□ボタン
□かぎ針
□とじ針
□縫い糸、縫い針
□はさみ

作り方
① 左手に糸をかけて目を立ち上げ、襟を一周する長さより10cm長く鎖編みをします。
② 鎖編み1目で立ち上げ、次の二段は細編みをします。その次は鎖3目で立ち上げて長編みを一段します。
③ 細編み二段、長編み一段の順で編み進め、二の腕を覆う程度の長さになったら編み終えます。糸を引いてとじ針で処理してください。
④ 右上端にボタンを付けます。ボタンの下から針を通し、ボタンに糸を通して下に戻ったら編み糸を挟んで少しゆるめに縫い付けます。4~5回糸を通したらボタンの下に針をもぐらせて数回糸を巻きつけ、縫い始めの余っていた糸と固結びして糸を切ります。ボタンホールには編み目を使います。

デスクが片付く小物入れを100均のアイテムでハンドメイド

ペンにクリップにUSBメモリにと、家でもオフィスでもデスクの上は小物で雑然としがちです。100均アイテムとリサイクル材料で簡単に作れる小物入れをまとめました。

100均のはぎれカルトナージュで作るティッシュボックス製小物入れ

ティッシュボックスケースの小物入れはデスクに置くのにちょうどいい大きさです。仕切りをつけて細かいものを一気に整理してください。

材料、道具
□ボックスティッシュの空き箱 3個
□好みのはぎれや手ぬぐい
□ボンド
□はさみ、カッター
□30cm以上の長さの定規

作り方
① 3個のボックスすべてから上の面を切り取ります。その内の1つはそのまま、もう1つは辺に沿ってすべての面を切り取り、さらにもう1つは側面の広い方だけを切り落として狭い方の側面と底面が繋がった状態にしておきます。
② ボックスのどの辺りに仕切りを作るか決めます。左から5cmのところなら3つ目に切ったボックスの底面を側面から5cmのところで直線に切り、側面同士を背中合わせにしておきます。
③ 2つ目のボックスから切り取った側面を1つ目のボックスの内側に当ててみて、角でつかえたり上に出っ張るようなら端を少し落としてぴったりになるよう調整します。同じように②で作った間仕切りもその上から差し込み調整してください。
④ はぎれをカットします。外側はティッシュボックスの外周+3cm×ティッシュボックスの高さ+3cm。内側は各側面と、仕切りと底面が繋がった部分が2枚、いずれも周囲1.5cmずつ大きく切っておきます。
⑤ 外側に布を貼ります。はじめに貼り終わりの部分を1cm内側に折り込んでボンドで貼っておきます。上下に1.5cmずつ布を出し、貼り終わりが角にくるように角の2cm手前から回り込むように貼っていきます。側面を貼り終えたら上下に出ていた分の布をそれぞれ底面と内側に折り返し、角のだぶついた箇所をカットして貼り付けます。
⑥ 内側側面、間仕切りと底面のパーツに布を貼ります。布の中心に合わせてパーツを貼り、周囲に飛び出た布は角をカットして裏に折り込んで貼ります。間仕切り部分は側面同士を背中合わせにしてボンドで貼り合わせておきます。
⑦ 側面を内側に貼り、最後に底面と仕切り部分の側面にボンドをつけて貼り付けます。

100均の折り紙と牛乳パックで小物入れ兼ペン立てをハンドメイド

100円ショップの折り紙やラッピングペーパーには素敵な柄のものがたくさんあります。これらのペーパーと牛乳パックで便利な小物入れつきペン立てが作れます。

材料、道具
□牛乳パック 3本分
□好みの折り紙やペーパー
□ボンド
□はさみ、カッター
□30cm以上の長さの定規

作り方
① 牛乳パックの内1本は底から10cm、もう1本は底から3cmの高さで横に切ります。残った牛乳パックからティッシュボックス製小物入れと同じ要領で内側に貼る側面と底面を切り出し、折り紙などを貼ってそれぞれ仕上げます。
② 10cmのペン立てと3cmの小物入れを横に貼り合わせます。

100均のクラフトバンドで編む丸かご型小物入れ

リサイクルペーパーで作られるクラフトバンドを使えば、かご編みも簡単にできます。好きな色のバンドで小物入れに便利な丸かごを編んでいきます。

材料、道具
□ペーパークラフトバンド
□ボンド
□はさみ
□洗濯ばさみ
□荷造り用のPPバンドか不要なプラスチック製カード

作り方
① クラフトバンドを15cmに8本カットし、真ん中をできるだけ正確な放射状になるようにボンドで貼り合わせていきます。乾くまで洗濯ばさみで留めます。
② 貼り合わせになっているクラフトバンドをPPバンドかカードを使って2本に裂き、なるべく長くしておきます。これを半分に折って放射状のいちばん上に貼ったバンドにかけ、放射状のバンドを1本ずつくるむようにしながら右回りに編み進めていきます。
③ 引き締めながら、ザル状になるよう少しずつ立ち上げていきます。
④ 放射状にしたバンドが2cmずつ余ったあたりで編むのを止め、一度交差させて引き締めながらボンドをつけて放射状のバンドの内側に差し込みます。はみ出た部分はカットします。放射状のバンドも横編みをくるむように外側と内側交互に折り曲げ、ボンドをつけて折り目の中に先端を入れて処理します。