あなたはどんな名刺入れを使っていますか?名刺入れは、初めて会う人に礼儀として使うものですので、初対面の人に一番目につきやすいあなたの持ち物です。実は、私は会社員の仕事で取引先と会う時に名刺入れをチェックしてしまいます。その人がどんな人柄かわかりますからね。ビジネスツールとしては非常に大切なアイテムなのです。なので個人的には、名刺入れはこだわりたいところです。ちなみに、私は革細工のハンドメイド作家さんの名刺入れを使っています。表面は深緑色、金色でデザインが施されているものです。レザーなので、使えば使うほど味が出てきていい感じに仕上がってきています。お気に入りの一つで持っていると、初めての客先でも気分アップで緊張もほぐれます。さて、自分だったらどんな素材で出来た名刺入れを使いたいですか?

名刺入れの素材は?

名刺入れはどんな素材で作られているのでしょうか。ハンドメイド名刺入れの作家さんたちの中で使われている素材が多いのは、やっぱりレザー。手になじみやすく高級感が出ますから需要も多いです。しかも最近は、いろんな色のレザーもできていますから、色の組み合わせでポップにもなります。次に多いのはコットンの名刺入れ。作り手側からすると、手縫いできますし好きな生地を組み合わせ出来るので、ハンドメイドとしては人気が高いのかもしれません。ただ、型紙を入れてあげないと名刺いれたときに強度が保てませんので注意です。バックに入れたら折れてしまった!なんてならないように、強度を上げるために硬いプラスチックを入れるなど工夫をするといいですね。最近では、キャンパス地で作られた名刺入れも出てきています。キャンパス地はがっしりしている布質から存在感はバッチリです。しかもプリントアウトもできるので、自分の好きなプリントを施して作ると楽しいです。あとは、ステンレス製のカードケースに、ビジューを施したりレジンシートを張ったりと装飾を施すという方法もあります。カードケースの表面に自分のデザインを施していくということなので、作り甲斐があるのがこちらかもしれません。ステンレス製なので、中の名刺はよれないので、一番名刺を守るにはいいかもしれません。ただ、あまり派手に装飾を施しすぎると仕事で使えないという方も出てくるかもしれませんのでデザインは抑え気味のほうがいいかもしれません。自然派の方に非常に人気が高いのが、木製の名刺入れ。さらっとバックから出したのが木製名刺入れだと、しまりも良く大人男子には人気が高いです。もう一つ変わった名刺入れは、紙で出来ているもの。紙って下手するとチープに見えてしまいそうですが、水をはじくしっかりとした紙を使っていればそんなことはないようです。さらに、いろいろな作家さんの作品を見ているとデザインセンスのレベルが高い!デザインに重点を置く場合はやはり紙も検討の一つに入れるといいかも言しれません。

まとめ

今回は、名刺入れの素材についてお話してきましたが、如何でしたでしょうか。名刺入れといってもどんな素材で作るかによって見た目の印象がだいぶ違います。どんな名刺入れを作りたいかイメージしてから素材を決めてくださいね!
・名刺入れはビジネスツールとして非常に大切
・名刺入れの素材は、レザー・キャンパス地・布地・ステンレスのカードケース・木製・紙
・使う素材によって、見た目の印象が変わる