今人気のスイーツデコ、それは本物のスイーツを小さくしたフェイクスイーツ。思わず手に取って食べらるのではないかと思ってしまうくらいの完成度で作り上げることが可能です。白い粘土から様々な色や形を変えてスイーツに変化していく様は本当に芸術です。そしてそれは、決してプロだけしか出来ないということではないということ。初心者の方でも気軽に始めることが出来て、デコキットは100均で売られているという大変嬉しい環境となっています。

材料の豊富な種類と必要道具

実際100円ショップにデコキットを買いに出かけてみましょう。見てみると種類の多さにびっくりします。キットと言ってもあらかじめ形になって出来上がっているものなので、ゼロから作るわけではありません。もちろんスプレーチョコや生クリームなど自分の思うような形に作ることが出来るものもあるのでご安心ください。

スイーツデコには紙粘土が必需品です。100均で売られている紙粘土は数種類ありますが、100円商品なので日が経つと変形や変色しやすい傾向にあるというのが正直なところです。

そして必要な道具ですが、全て100均で揃えることが可能です。まずは、粘土板です。紙粘土を丸めたり伸ばしたりする作業には下に粘土板を敷くことをおすすめします。A4サイズの下敷きなどでも良いと思います。次にビーズやスワロフスキーを飾るなど細かい作業をする時に必須である道具がピンセットです。しかし通常のピンセットよりもはさみのように先でクロスしたものの方が指にかける力が比較的少なく済むのでオススメです。次にペンチやニッパーですが、どちらかというとこの場合ニッパーの方が活躍範囲が広いです。ペンチはあえて使うならラジオペンチが妥当です。編み込みホイップデコレーションケーキやスワンシューを作る時ボールチェーンを切ってホイップクリームに取り付けたりする作業には必須の道具です。そして、携帯ストラップを作る際に必要な道具としてドライバーを使います。この時ネジを締める作業はありませんが、眼鏡用のドライバーで穴を開けて接着剤を付けたヒートンを刺すという作業に使います。次に必要な道具はニスでスイーツデコを仕上げる際に使用します。この時、筆も一緒に購入することになると思いますが、筆は太過ぎない細めであることと毛の抜けない物を購入することがベストです。そして、アクセサリーやスイーツデコはラッカー塗がおススメです。あとは、バケツや小さいビニールシートを用意すればスイーツデコを作るには準備万端です。

もっとスイーツデコをスムーズに作るために

スイーツデコはサイズが小さく細かい作業です。つまり、材料や道具も一つ一つが小さく細々しているということです。そこで、スイーツデコもっと楽しくストレスなく続けていけるために持っておきたい物をご紹介します。まずは、粘土を保管するためのジッパー付き保存袋です。そして粘土の乾燥を防止するミニタオルと霧吹きです。そして、道具やパーツを失くしたりしないようにツールケースです。これは、いくつか部屋に分かれているタイプのケースをオススメします。これは、小さいお子さんがいらっしゃる場合には重宝します。必ずお子さんの目や手につかない場所に保管してください。

あとは、日々の道具の手入れといつも作りたいというワクワクした気持ちがあれば完璧です。