クラフトハンドメイドマイスターってどんな職業が知っていますか。聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、「クラフトハンドメイドマイスター」とは、デコレーションをするために糸の選び方法から使い方布の染め方など手芸に関する知識を有する者という意味です。そこハンドメイドに興味はあるけれど何から始めれば良いのか分からないという方にオススメの資格です。それでは口コミであ人気の資格や学習法についてご紹介します。

クラフトハンドメイドマイスター認定試験って?

口コミで評判の「クラフトハンドメイドマイスター認定試験」はデザイン関連の資格を認定している日本デザインプランナー協会(JDP)が開催している試験です。気になる合格基準は約7割以上の評価となっていますので、まじめに学習すれば合格するといってもいいでしょう。手芸が趣味の人や資格を仕事に活かしたいと考えている人が取っている人気の資格であるので、難易度はそこまで高くないでしょう。試験内容は、装飾用糸の扱い方や布の染め方といった各種クラフトの知識やスキルです。自己満足だけではなく、自作したものを商品として販売したいと考えている方は、基本が身に付くとともにハンドメイドの質を高めることができるので受験をオススメします。

試験取得すると?

クラフト関連のお仕事を目指す方やフリーランスで活躍したいと考えている方にとっては、資格はわかりやすい能力を示すことができます。取得しておくと今後のクラフト分野でのキャリアで強い味方となってくれる資格です。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師として活動することもできます。さらにクラフトハンドメイドマイスターとして開業することができます。好きなことで収入が得られるなんて夢のようですよね。

口コミで評判が良い学習方法は?

通信講座がダントツ人気です。中でも口コミで好評の講座が通信講座・通信教育の諒設計アーキテクトラーニングの「クラフトハンドメイドマイスターW資格講座」です。評判が良いポイントは自宅にいながら手芸資格とクラフト2つの資格を取得できるところです。さらに最短で2カ月で取得できるところも人気の秘訣です。講座では付属のクラフトセットを使用して実際に作品を作りながら学習ができるので自前で材料からそろえる必要はありません。何かを作ろうとすると、材料選びから始まりますが、講座では学習内容を短期間に効率よく学べるように工夫されています。ですから挫折しにくいですよね。学習カリキュラムはすぐにでも資格取得を目指したい方は最短2ヶ月で、日々の空いた時間で少しずつゆっくり学習したい方は通常6ヶ月でW資格取得が目指せる内容となっています。隙間時間で学習したいという社会人の方や在宅で資格取得したいという主婦の方にもオススメの資格です。

受験して自信がつく資格!

クラフトハンドメイドマイスター認定試験を受験された方で「資格を取得して、自分の作品を販売してみようという自信になった」という声や「資格の勉強を通じて自分の得意なクラフトだけでなく、幅広いバランスの良い知識がついた。そのおかげでカルチャースクールで講師として自信をもって教えることができた」という声もあり好評価の口コミが目立ちます。口コミをみると、皆さん幅広く資格取得を活かして活動しています。是非あなたも資格取得で自信をつけてみませんか。