ハンドメイドで出産祝いをあげたい!
友人や知り合いの出産で、赤ちゃんを見るもの楽しみだけれども、出産祝いを選ぶのも楽しみの一つ。そんな出産祝いをハンドメイドで作るとしたらどんなものがいいでしょうか。

ハンドメイドの赤ちゃん用グッツ

ベビー用品でハンドメイドできそうなのは、ベビー服、よだれかけ、ミトン、ベビーヘアバンド、おくるみ。よだれかけは、いくつあってもいいとお店の人が言っていたけどきっといろいろな人からもらうし、調べてみたらよだれがそんなに出ない赤ちゃんもいるらしい。そうするとこれは避けたほうがいいですね。ベビーヘアバンドは、女の子だったらいいけど、男の子だったら使えないということになりかねないので、これもやめよう。ベビー服は作るのに大変だし、ミトンって言っても冬しか使えないから時期を間違えると一度も使わないままお蔵入り、なんてことになりかねません。お風呂に入れ終わった後にすぐに包めるおくるみが、非常に便利ということを聞いたことを思い出しました。体温調節が難しい赤ちゃんにとっては、お風呂から上がってすぐに温かいふわふわタオルに包んであげることは必須ですね!四角形のおくるみだったら、お昼寝の際に下にひいてもいいですし、大きくなっても使えるアイテムなので、いくつあってもよさそうです。

ベビー用おくるみの作り方のヒント!

四角いおくるみは、以上に簡単。ザクザク切ってさくさく縫ってひっくり返して止めるだけ。ただ、必ずこだわってもらいたいのが使う生地。もちろん柄もこだわりたいところだけどなんといっても、その素材。デリケートな赤ちゃんの肌に触れる表布はダブルガーゼがいいでしょう。裏布は、ふかふかなタオル地やタオルガーゼやパイル生地を使ってあげるのをオススメします。あとは、フード部分の正方形の布も必要になってきますので、その分の生地も考慮してくださいね!作り方は、表布と裏布の表綿を中にするようにぴったり合わせます。そしたらフード部分を三角形にたたみ、角の部分に合わせます。丁寧にしわを伸ばして仮止め。ミシンでサクサク縫っていきます。この時、ひっくり返すための返し口を残しておいてくださいね。縫い終わったら角部分の縫い代はカーブに断裁し、数か所ずつ切れ目を入れてあげるとひっくり返したときによれるのを防ぎます。返し口から表に返します。そして、返し口を縫い代1cmを内側に織り込みます。あとは仮止めして、返し布を手縫いでまつりましょう。これで完成です。「おくるみ 作り方」と検索すると、いろんな作家さんたちのレシピが出てくるので、そちらも参考にするといいですね!

ハンドメイドのおくるみの良さを!

せっかくハンドメイドで世界で多々一つのおくるみを作るのならば、もうちょっとだけアレンジを加えてみましょう。例えば、パッチワークで赤ちゃんの名前や、イニシャルを入れてあげるのもいいですね!または、ワインポイントで小さく動物のパッチワークでもいいと思います。アップリケなどは、くるんだ時に赤ちゃんにあたって寝心地や使い心地が良くないので控えたほうがよいでしょう。

まとめ

・やっぱり使えて、簡単ハンドメイドならおくるみがベスト
・大切なのは生地選び
・ハンドメイドならではのワンポイントを!
如何でしたでしょうか。心を込めて丁寧に作ればきっと喜びも倍。プレゼントにも喜んでもらえると思います。是非、楽しんでくださいね。