ピアスの穴はあけたくないけどイヤリングみたいにごつい金具ではなく、ピアスのように見た目をスッキリで楽しみたい!そんな女子に必見なのが、ノンホールピアス。耳に穴を開けなくても、ピアスのようにはさむだけで簡単取り付け。金属アレルギーでも心配なし。しかも軽くて、長時間付けても痛くならない。ピアスっぽいのにピアスじゃないから、オシャレを楽しみたい大人女子にぴったり!そんなノンホールピアスを利用したハンドメイドピアスをご紹介します。

ノンホールのピアスの種類?

よく見かけるのが、樹脂のオメガ型ノンホールピアス。ピアス風イヤリングとも呼ばれています。オメガ「Ω」の記号のような形のノンホールのピアスで、耳に触れる部分は樹脂でできています。なんといっても樹脂部分がクリアなので、目立ちませんし、パーツを取り付けるだけでオリジナルイヤリングができますね!ただし、金属よりも戻るチカラやバネ性が弱いという性質があるので広げすぎやひねるなどの無理な力を入れると壊れてしまったり、外れやすくなってしまうので気を付けてください。また、重いパーツを取り付けると、バネ力が重さに耐えられず落下の原因となりますので注意が必要です。重さがあるパーツの場合は、ステンレス製のオメガ型ノンホールピアスを使うといいですね。あともう一つお勧めしたいのは、はさむだけのフープイヤリング。ネジ力がちょっと強いので、人によっては痛くなる場合もあります。どうしても痛い場合は、イヤリングシリコンカバーをつけると痛みが軽減するのでお試しください。しかもシリコンがストッパーの役割も果たしてくれるので落下防止にもなるので非常に便利です。

落とさないために

せっかくおしゃれなピアスを付けていても落としてしまってはすべて台無し!落とす原因は、何でしょうか。その原因として考えられるのは、「装着が甘い」「ノンホールピアスに滑り止めがない」「運動や激しい動きの時になくす」「暴風や外からの要因でなくす」などがあげられます。一番の原因はしっかり止められていないことが原因。なので、装着をもう一度確認しましょう。まず、耳を少しひっぱりながら耳の一番薄い場所から入れます。下のほうにスライドさせてつけたい位置に移動させるのですが、このとき少し奥のほうに入れながらスライドさせながらのほうがいいでしょう。耳のふちのほうでスライドさせると外れてしまうので注意です。下に移動させたら、つけたい位置下げます。耳たぶのふくらみの少し上の部分で止めてください。ノンホールピアスは、耳たぶとフィットすることで落としづらくなります。あなたの耳の位置に合った位置を覚えておいてくださいね。フィットしない位置で止めてしまうと落としやすくなります。それでも落としやすい場合は、シリコンカバーを取り付けることを検討してみてください。

まとめ

ノンホールピアスは、
・ノンホールピアスの種類は、オメガ型とフープ型
・金属アレルギーの心配なし
・落下を防ぐ場合は、正しい位置に取り付けることが大切
・それでも落下が気になる場合はシリコンカバーを取り付けましょう

では、ノンホールピアスでおしゃれを楽しみましょう!