どんな家にもある必需品の時計。100円ショップのものから雑貨屋さんのスタイリッシュな時計までありますが、あまりお金をかけたくないけど、自分好みの時計がほしい。そんな方は、是非ハンドメイドで作ってみませんか?なんたってハンドメイドの壁時計は材料をそろえて組み立てるだけ。非常にシンプルな作りなんです。そんな壁時計の組み立て方をご案内します。

壁時計の組み立て方

材料のムーブメント、文字盤、針の3点をそろえます。ムーブメントは、シャフトが上になるようにおいて、かけ金具を取り付けます。ゴムパッキンをシャフトに通してから文字盤を差し込み、文字盤の12時の方向にかけ金具の向きに合わせます。文字盤固定ナットでしっかり固定し、時計を12時の方向に合わせて時針、分針、秒針を重ねるように差し込みます。乾電池をセットして動くか確認してください。これで完成です。本当にシンプルな作りなので、こだわりたいところは時計版と針ですね。文字盤は、あなたのアイディア次第でどんなものでも可能です。色紙に好きな柄を張り付けてもいいですし、マスキングテープでポップに作っても素敵です。あなたの部屋のインテリアの1つとして合う色使い、形、にしてくださいね!

気を付けてほしい時計の針

時計針は、非常にデリケート。簡単に折れてしまったり曲がってしまったりするので、丁寧に扱ってください。そして必ず平行になるようにセットします。斜めにセットしてしまうと、こすってしまうので注意が必要です。針の先端はほかの針とくっつかないようにしてくださいね。

もっと簡単に作る方法ってないの?

材料を集めるのが非常に面倒だ!もっと簡単に便利に自分のオリジナルの時計って作れないの?って思ったそんなあなたには、100円ショップの時計を分解して利用するという方法があります。ムーブメント部分と時針、分針、秒針を取り出して、ご自身でアレンジした文字盤に取り付けるだけです。
用意するのは、プラスドライバー、マイナスドライバー、使いたい文字盤、カッターですね!あと文字盤に穴をあけるためにキリやドライバーがあると便利です。開けるときは怪我をしないように気を付けてください。100円ショップで時計を買ってきたら、ネジを取り分解して針を取り出します。取り出すときに針を折らないようにしてください。また針の取り付けてある順番を必ず覚えておいてください。取り付けるときはこの逆になります。ムーブメント部分を取り出すときは、マイナスドライバーがあると便利です。隙間に差し込みパカっと外します。用意した文字盤を取り付ければ完成です。「時計 ハンドメイド 100均」と検索すると詳しい方法が出てくるので是非チャレンジしてみてください!

まとめ

今回は、壁にかける時計の作り方についてお話ししました。如何でしたでしょうか。時計の作り方は非常にシンプル。しかもあなたのアイディア次第でアンティーク風にもポップ風にもなり、おしゃれにお部屋を彩ることができます。
・時計はムーブメント部分、針、文字盤を組み合わせるだけ
・安く済ませたいなら、100均の時計を分解
・こだわるなら、針にもこだわろう
・文字盤は、部屋の雰囲気に合わせて作ってみよう
・文字盤のアイディア次第でいろんな魅せ方ができる
是非チャレンジしてみてくださいね!