ハンドメイドで小物を作ろうと思った時、手縫いで作ってみたいけど、手縫いだとすぐにダメになりそう、と心配になったことありませんか?服飾の専門学校に行って専門的な知識のある方ならばそんな心配はしないでしょう。ハンドメイドをすでに始められている方は、きっと本や雑誌などで確認しながら縫っている方が多いと思います。けれども、実際にどういう縫い方があるのかしっかりと把握している方は少ないはず。今回は、そんな縫い方について、ご案内させていただきます!

縫い方の種類

基本的な縫い方は、「なみ縫い」「半返し縫い」「本返し縫い」「たてまつり縫い」「流しまつり縫い」があります。なみ縫いは裏も表も同じ針目で等間隔に塗っていくのがポイント。一刺しごとに抜かずに何針か縫い進めてから針を抜きましょう。チャコペンシルで直線を下書きするとまっすぐ縫うことができます。「半返し縫い」は、ひと針ぬったら、半針もどして縫います。これの繰り返し。こちらはひと針ごと針を通します。表から見るとなみ縫いのように見えますが、裏から見ると糸が重なってみえます。柔らかい縫い方なので、伸縮性のある布の場合に有効な縫い方です。同じ縫い方が「本返し縫い」。こちらは、ひと針進んだらひと針返しながらぬっていきます。表から見るとミシンで塗ったような縫い目で、裏から見ると半返し縫いのように糸が重なって見えます。とても丈夫な縫い方なので、ミシンと同様ほつれた個所にも使える縫い方です。「たてまつり縫い」は、縫い目が布端に対して垂直となるように縫い付ける方法です。どちらかというと縫うというより、留めるというイメージですね。最後に「流しまつり縫い」。これは、縫い目が表から目立たない方法です。1針目は、布端の縫い代の裏から表に針を出し、5㎜程度先の織り糸を1・2本すくい上げ、縫い代の裏から針を出すという方法です。すくい上げる織り糸を多くすると表の見た目に響くので注意です。手縫いの方法をおさらいしたところで、次に針はどんなものを使えばいいのか見ていきましょう。

針はどんなのがオススメ?

手縫いの針には、和針と用針の2種類があり、名前や数字が違います。数字が小さいほど太くなり、大きいほどほそくなりますのでご注意を。針を選ぶポイントは、太さと長さ。太さは布の織り糸の太さによります。厚地は太い針で、薄地は細い糸。そうですよね。薄地に太い針を使ってしまったら、針の通した穴が大きく開き気になってしまいますよね。長さは、使い勝手が良い長さを選んでください。例えば、ボタンの取り付けだったら長いほうが持ちやすいしひきぬきやすい、そんな感覚で選んでもらって大丈夫です。もちろん薄地の布を縫う場合は、細くて長い針で行うのがベスト。デリケートな素材を縫うときやパッチワークなどまつるときは細く短い針のほうが便利です。

まとめ

如何だったでしょうか。ハンドメイドの小物を作るときも、単に「縫う」だけでなく、縫い方にもこだわりましょう。それによって見た目も変わってきます。
・作るものや場所によって縫い方は変えましょう
・使われている織り糸の太さによって針の太さを選びましょう
・作業によって針の長さを変えましょう

手縫いには手縫いの良さがあるので、是非手縫いハンドメイドを楽しんでくださいね!