石鹸ってバスタイムをリラックスする空間に一瞬で変えることができるんだから、すごいですよね。そんな石鹸ですが、実はハンドメイドできます。自分の好きな色と効能とで作ることができたりするんですよね。最近では、デザイン石鹸のワークショップなどもはやっているようです。そんな石鹸について今回は話したいと思います。

石鹸づくりの方法

実は石鹸づくりは大きく分けて2種類の反応を利用して作られています。それが「鹸化(けんか)」と「中和」と呼ばれているもの。簡単に説明すると「鹸化(けんか)」は、油脂とアルカリで加水分解する方法で、「中和」が脂肪酸とアルカリを直接反応させる方法です。まるで、石鹸づくりが化学の実験のようですね。つまりは、石鹸は、化学反応を利用して作られているのです。実際の作り方はどんなものがあるのでしょう。

釜炊き鹸化法

釜炊き鹸化法(ホットプロセス法やバッチ法とも呼ばれる)は昔からある伝統的な石鹸作りの方法で、鹸化方法にも2通りあります。1つ目が「鹸化塩析法」で、油脂に苛性ソーダを加えてよく混ぜ、加熱して鹸化(けんか)反応を起こし、さらに塩析して不純物を取り除く方法です。塩析とは、鹸化(けんか)が終わった石鹸のもとに食塩を加えて、純粋な石鹸だけを取り出す作業のことです。何度も繰り返すことで、純度の高い石鹸を得ることが可能ですが、グリセリンも一緒に取り除いてしまいます。次に「焚き込み法」ですが、これは大まかに説明すると「鹸化塩析法」の塩析法をせず仕上げていく方法です。塩析しないので、グリセリンや中の不純物も残り純度は高くありませんが、その分不純物が保湿剤の働きをしてくれるものもあります。さらに塩析しないので、ハンドメイド石鹸を初めて作る方には良い方法でしょう。次に紹介したいのは、「冷製法(コールドプロセス)」と呼ばれているもので、油脂に苛性ソーダを加えて撹拌させ自然に発生する熱だけで鹸化を行い、塩析せずに仕上げる方法です。加熱しないので、比較的簡単に行える方法なので、こちらもハンドメイド向きといえるでしょう。最後は、「中和法」です。中和装置の中で加熱と撹拌をさせて脂肪酸だけを取り出し、それに苛性ソーダを加えて仕上げる方法です。最初から脂肪酸だけを使う為、不純物を取り除く必要がありません。中和方法は、反応に時間がかからない為大量生産に向いていますが、中和装置が必要になってくるので個人では難しいですね。

一番簡単な方法は?

作業的には、「冷製法(コールドプロセス)」が過熱もしないので、初めての石鹸づくりには良いでしょう。ただし苛性ソーダを使うので、非常に危険ということを念頭に入れてくださいね。苛性ソーダは、直接触れただけで皮膚にやけどを負ったり、目に入った失明の危険性もあったりしますからね。取り扱いには十分に注意が必要です。なので、保護眼鏡やゴム手袋など保護アイテムはしっかりそろえてから始めましょう。

まとめ

今回は、ハンドメイド石鹸についてお話ししました。如何でしたでしょうか。
・ハンドメイドの石鹸の作り方には、「釜炊き鹸化法」と「冷製法(コールドプロセス)」と「中和法」がある
・初めてのハンドメイド石鹸は、加熱しない「冷製法(コールドプロセス)」がオススメ
・苛性ソーダの取り扱いには要注意