ハンドメイドの名刺入れを作るときに考えたいのはその形。よく見る名刺入れは、片側に1つか2つのポケットがついていてそこに名刺のストックを入れることができるものが一般的ですよね。もしくは両側にポケットがついているタイプ。使い勝手は、人それぞれなのでどちらでもいいと思います。ただ、せっかく名刺入れをハンドメイドするならば、使い勝手が良いものを作りたいですよね。販売するならなおさらお客様の使い勝手を考えながら構想を練りたいもの。是非作り始める前に、考えてみましょう。

ビジネスシーンで使う名刺入れ

名刺入れを使うとしたら、やっぱりそれはビジネスシーン。カバンやスーツのポケットから名刺入れをスマートに取り出し自分の名刺を相手と交換。丁寧な人はその場から離れるまで名刺入れの上に相手の名刺をおきます。名刺は相手の顔だという認識で丁寧に扱うものですからね。やっぱりそれなりの名刺入れが必要なのです。

名刺入れの形や色

名刺入れの色は派手なのはダブー。また表面が滑る素材やゴテゴテ飾りがついている名刺入れも、相手の名刺をその上に置くことを考えたらあまりよくありません。ハンドメイドで作成するときは、色や表面の質感も考慮してください。あまり派手すぎてもよくないですし、安っぽすぎてもビジネスセンスを疑われてしまいます。たかが名刺入れですがされど名刺入れなのです。たまに見かけるのですが、ポケット部分ではなく自身の名刺数枚は、2つ折りの名刺入れにはさんでいる人もいます。こうすることで、名刺入れをポケットやカバンから取り出し、名刺入れにはさんである名刺をスッとスマートに差し出すことができるからです。なので、ビジネスシーンの名刺入れの場合オススメは二つ折りの名刺入れをお勧めします。また、名刺入れのポケットは2つ以上のものがいいでしょう。いただいた名刺と自分の名刺が混じって収納されていたら、大変です。名刺を交換する際に自分の名刺が見つからない、なんてならないように、名刺入れには2つ以上のポケットを付けてあげたほうが良いですね。

<h2>残念な名刺入れ

たまに、展示会など名刺交換を多くするシーンで見かけるのは、名刺入れが膨らんでしまっている方がいること。正直、見た目はかっこいいものではありません。たくさん入るのはいいのですが、カードケースのようにたくさん入る名刺入れも考えものです。たくさん入るようにマチを付けてあげるのもいいかもしれませんが、スーツやカバンからスッと取り出せるくらいの厚みにするのがベストでしょう。

まとめ

今回は、ビジネスシーンでのハンドメイド名刺入れの形状についてお話ししました。名刺入れは、使い勝手もさながら見た目も大切です。派手すぎず、安っぽくなく、ちょうどいいサイズと機能性があると便利です。是非、いろいろなシーンを考えてハンドメイド名刺入れを作ってみてくださいね!
・ビジネスシーンで使う名刺入れは、派手すぎず落ち着いた色合いで作ろう
・安っぽい質感は避けよう
・名刺入れの表面が滑るものは避けよう
・名刺入れのポケットは2つ以上あるのがマスト
・2つ折りの名刺入れがオススメ