布の財布ってどんなイメージがありますか?布の財布って、汚れやすそうでよれっとしそう、なんてマイナスなイメージがありませんか?実は、風水的には「自然素材の財布が良い」とされていて、木綿や麻の布の財布は非常に良いとされています。しかも、布の財布は非常に軽くて手になじみ、使いやすいいのです!さて、ハンドメイドの布財布、どういった形の財布が作れるのでしょうか。

小銭を出し入れしやすいがま口

なんといっても、便利なのががま口財布。パカっと開く口は、非常に小銭を取り出しやすいので人気です。がま口は中に仕切りがあるものあって、三つ折りにした千円札と小銭入れというように分けて使うことができたり、がま口の中にさらにがま口が入っているものもあります。昔はおばあちゃんが持っているというイメージだったがま口ですが、最近では若者でも使っている人も多く、隠れがま口ファンがいるのです。というのも、おしゃれな生地で作られているがま口が増えてきたからも関係しているのですよね。京都のお土産屋さんとかに行くと水玉模様のものとかストライプとか、スタイリッシュでかわいいがま口を、たくさん見かけます。そんながま口ですが、実はハンドメイドで作れてしまいます。がま口は、布以外にもパチンと留める口金が必要になってくるし、そんな簡単に作れるのかな?って思われるかもしれません。初めて作る際は、まずはがま口の作るための材料がセットになった「がま口キッド」がオススメ。検索サイトで「スターターキッド がま口」と検索すると、いろいろな形のがま口のスターターキッドが出てくるので、そこから始めては如何でしょうか。私がオススメするのは、がま口の口金・型紙のせんもんてん「横浜Labo-ハマラボ」さんのキッド。丁寧なレシピもついているし、非常に親切。是非参考にしてみてくださいね。

軽く便利で取り出しやすい長財布

次にお勧めするハンドメイドのお財布は、長財布でお札とカード入れが一緒になった形のもの。とにかく荷物を軽くしたいという方、カードがたくさんあって収納に困っているという方に、軽くて取り出しやすい長財布をオススメします。お財布の中にはポイントカードや銀行のカードやクレジットカードをたくさん入れすぎてパンパンになっている人いますが、取り出すときにどこにあるのか分からない場合があります。そんなキレイな収納ができていないお財布を、長財布できれいに収納させましょう。キーワードは、薄くて軽くて取り出しやすい長財布。そんな長財布を自分仕様に作ってみるのもいいかもしれません。作り方は、「作り方 長財布」で検索するといろいろなレシピが出てきますよ!生地は、薄くて軽くてシックな着物の生地を使うと素敵なものができそうですよね。

まとめ

2つのお財布をご紹介しましたが、如何でしたでしょうか。がま口と長財布。使う用途を考えながら、色や布の素材、感触など、どんなシーンで使うかを考えて生地や形を選ぶのがいいでしょう。ハンドメイド財布、是非楽しんでくださいね。
・がま口財布を始めるときは、スターターキットからがオススメ
・長財布はカードがたくさん入るものを!