さて、なかなかお気に入りのピアスが見つからないというあなた。ご自身で作ってみるのは如何でしょうか。

ピアスを作成する前に

難しいものにチャレンジすると挫折するパターンが非常に多いので、まずは簡単なものがいいなと考えました。けど、見た目チープなものは嫌だし、明らかに自分で作ったでしょーって雑さが目立つのも嫌だし、女子会でもつけていける素敵なものがいい。シンプルな服装でも耳元が華やかなだけで素敵に見えたりするのがやっぱりいいな。ゴージャスまでいかないけど、スタイリッシュでモノトーンコーディネイトにもあう、大人の女性が似合うピアス。そんな希望とおりのピアスって、簡単に作れないかなーと思い調べてみたらありました!

ハンドメイドのループピアス

大きさの違うコットンパールを、ループのピアスに通すだけ。3つほど通してあげてしかも、真ん中に大きいもの。両サイドに小さめのものを通してあげるとオシャレですよね!逆に大きめパールを1つだけつけてあげるのも、さりげないオシャレを演出できて本当に素敵。コットンパールも2個で200円からで、K14GF(14Kのゴールドフィルド)ループのピアスも800円程度です。 これはお手頃ですよね。コットンパールじゃなくても、小さめのビーズを並べて通したり、もっとゴージャスにしたい場合はスワロフスキーなども組み合わせたりしてもいいですね。さらに、もうちょっと大人女子を演出したいという方は、ドロップ式で動くたびにキラキラ光るピアスもよさそうです。

動くたびに揺れるドロップ式のピアス

「キラキラ光って揺れるピアスがいい」、そんな女子にオススメなのが、ドロップ式のピアス。ただし、やっぱりこれはちょっと上級者編。道具もヤットコとニッパーが必要になってきます。これは、最低限必要になってきますので、必ずそろえましょう!できればヤットコは2つあったほうがいいです。キラキラ光る石は、やっぱりスワロフスキー。好きな色を選べるのも魅力的。まずは、スワロフスキーの色を決めます。ネットでも購入できますが、材料が売っているお店まで出向いて自分で気に入った色を見つけたほうがいいですね。一番目立つところですから、是非自分の好きな色をみつけてください。次に購入すべきがそのスワロフスキーを載せるカン付き石座。あとは、ピアス金具とぶら下げるためのチェーン部。ピアス金具は、一般的な「キャッチ式」、「U字フック型」、「フープ型」と種類があるので、好みに合わせて選んでください。それによってぶら下げるチェーン部の取り付け方が変わってきます。必ず、「U字型」、「フープ型」を選んだ場合は、Cカンが必要になってきますのでご注意ください。チェーンは、ニッパーで2.5cmほどにカットしましょう。カットする際に、ケガをしないでくださいね。ちなみに、私はチェーンをカットしたときじゃないですが、ピンをカットしたときに指を切ったことがあります。チェーンといえども金属なので気を付けてください。カットしたら、チェーンの駒部を広げてスワロフスキーを付けた台座に取り付けます。コマは、ねじるように広げてください。間違ってもコマの無理やり引っ張るように広げないでくださいね。金属が伸びてしまって耐久性が悪くなってしまいます。コマのねじるにはちょっとしたコツがいります。この時にヤットコが2つあると非常に便利です。コマをねじるように広げたらスワロフスキーを付けた台座を取り付けて、またねじるように止めます。同じように、ピアス部にも取り付けます。必要に応じてCカンを利用して留めましょう。これで完成です。

まとめ

さて、2種類の大人女子に似合うハンドメイドピアスを紹介してみましたが、如何でしたでしょうか。意外と簡単に作れてしまいそうな感じですよね。
・材料はネットで買うよりも、お店に行って気に入ったものを買いましょう
・道具は、必要最低限そろえましょう
・コマは、ねじるように開きましょう

是非作って大人女子のアクセサリーを楽しんでくださいね!