クラフト作品にもアイデア次第でいろんな場面で活躍する毛糸ですが、100円ショップでは我々が予想だにしながかったほどのバリエーションカラーで販売しているのをご存知でしょうか。100円ショップによって色を始め種類もいろんなタイプが揃ってあり、よりどりみどりです。ここでは、各ショップで販売している毛糸のバリエーションやちょっとした作品もご紹介します。

種類の豊富さ

ダイソーとセリアはもちろんキャンドゥの毛糸売りコーナーに行くと、あまりの種類の多さに驚くことでしょう。使い方が多い分カラーバリエーションも多いということです。

まずは毛糸の定番であるアクリル毛糸です。これはいろんな面で好き嫌いもなくオールラウンドに使える種類で、丈夫な雑貨を作ることが出来ます。ふわふわと柔らかい質のシフォンムースやぷくぷくのモールと呼ばれる毛糸もあります。優しくやわらかなタッチで出来上がった作品もフワフワした優しい作品に仕上がります。

続いてウール毛糸とモール毛糸です。ウール毛糸はその名の通りウール100%仕様で、保温力バツグンの毛糸です。もう一つのモール毛糸は少し変わった種類の毛糸で軽くて柔らかく、例えるならマシュマロのようにふんわりした質の毛糸です。

そして最近人気が高まっているのが、ダイソーで売っているEarth Makerと呼ばれる毛糸です。大型店舗にて限定発売というレアな種類の毛糸で、毛糸一本で太さと色が変化していくという作品を作っていく過程でいろんな展開を作ってくれる毛糸です。色も落ち着いたアースカラーで、バリエーションはブルー系とグリーン系とピンク系の3種類が販売されています。

ダイソーの毛糸博物館

ちなみにダイソーの毛糸売りコーナーはまるで手芸専門店並みというか毛糸の博物館と例えてもいいくらいの種類の豊富さです。アクリル系との単色カラーだけで24色もありますから、これだけでも十分に作品を作るにも問題ありませんが毎年色目が少しずつ変わるので欲しかったけど後回しにしていた毛糸が次に見に来てみればなくなっていたということもあるので、その辺は注意してください。

毛糸一玉の量ですが、一玉40gの長さは68mとなっていて、ウール100%の毛糸は30gの長さが約55mなので13m近くの長さが違います。材質はやはりウールには敵わないのでこの長さの違いはコスト面で差が出てきた結果だと思われますがアクリル毛糸も何の問題もない良い素材です。抗菌・防臭でこの量と手触りの良さで100円プラス税は本当にお買い得です。

毛糸を使った面白作品

では実際に毛糸を使って作品を作ってみましょう。毛糸で何かを作ると言えば、時間をかけてマフラーを編むような小難しく手間のかかるイメージを持ちがちですが、今は技術も進歩しているため初心者の方でも少し練習すればすぐ出来るものもあります。

例えば毛糸のハンガーを作るなら針金ハンガーに毛糸を巻き付けていくだけで完成します。これは、毛糸を巻くことで滑り止めの効果になります。巻くときは針金の先端を隠すことを忘れずに作ってください。

続いては毛糸と棒針を使った作品です。編み物に対する先入観を持っている人には是非挑戦してみてください。最初ならドイリーくらいの大きさの作品から始めてみても良いです。

まとめ

毛糸の種類と作る手軽さに驚くものがあります。作りたい作品によってカラーバリエーションもそうですが、毛糸の質を変えることで普通とはちょっと違った毛糸作品にも挑戦してみてください。