手芸をやってみたいと考えたとき、ネックになるのは準備と技術です。
ここでは初心者でもすぐに始められるよう、ソーイング手芸のもっとも基本的な道具と手縫いで作れるアイテムをまとめました。

初心者向けのソーイング手芸で最初に必要な道具

ここではまず、手縫いのために必要最小限の道具を紹介します。
ミシンを使うようになっても必要なものばかりなので、ぜひ揃えておいてください。

□縫い針
洋裁に使う洋針(メリケン針)は太いものほど小さな数字の号数がつき、それぞれに長針と短針があります。短い針は縫い目を細かくしたいときに用い、太い針ほど厚手の布が縫えます。
最初は縫いやすい号数が長短セットになったものを買っておくと間違いありません。

□手縫い糸
素材と太さによって違いがあります。絹糸は切れやすくポリエステル糸は丈夫です。しかし糸による布の傷みを防ぐためにもなるべく布と同じ素材を使ってください。

□はさみ
裁ちばさみと糸切りばさみの二種類あるのが望ましいですが、最初は文具の紙切りばさみでも代用できます。必要に応じて買い揃えていってください。

□まち針
縫い合わせる布同士をずれないよう止めておくのに使う針です。針が布から抜けてしまわないよう、頭に小さな飾りがついています。

□ものさし・メジャー
ものさしは直線を引くことができ、メジャーは立体のものを採寸することができます。長さを測る以外にそれぞれの用途がありますので、両方揃えておくことをお勧めします。

□チャコペン
布に印をつけるのに使います。画材のクーピーのような材質のものや、水で消えるペンタイプのものなどがあります。

□ピンクッション
縫い針を刺しておくための小さなクッションです。作業の途中でも針を休めておけるので、針をなくす可能性をぐんと減らすことができます。

□裁縫箱
細かい道具がばらばらにならないよう、まとめて収納できる入れ物を用意してください。道具がすべて納まるものであれば、空き箱やプラスチックケースでも大丈夫です。

□アイロン・アイロン台
アイロンは裁断前に生地を伸ばすために使うほか、折り目をつけたり縫い代を割ったりとかなりの頻度で使います。家庭にあるアイロンで問題ありませんので、ソーイング手芸を始めるときにはすぐに使えるようにしておいてください。

ソーイング手芸初心者でも簡単に作れる小物のアイデア

初心者でも手縫いで簡単に作れる小物とその作り方を紹介します。材料もはぎれを使えば安価です。

・シンプルなコースター

□材料
はぎれ 12cm×12cm 2枚 なるべく厚手のものを用意してください。
手縫い糸

□作り方
① 2枚のはぎれの四辺をそれぞれ1cmずつ裏側に折り込み、アイロンを使ってしっかりくせをつけます。
② 折り込んだ方を内側にして2枚をあわせます。このとき2枚がぴったりと合うようにしてください。
③ まち針で止めて、縫っている間にずれていかないようにします。
④ 外側から3mmほどのところで一周ぐるりと縫い、玉止めして糸を切ります。最後にアイロンで形を伸ばして整えます。

・ポケットティッシュケース

□材料
はぎれ 14.5cm×20cm 1枚
手縫い糸

□作り方
① はぎれの長い辺を横、短い方を縦にして置き、左右両側を布の裏面に向けて二回折ります。一度目は5mm、二度目は1cm幅で折り、アイロンでくせをつけてください。
② 折り目をまち針で止め、内側の端を上から下まで真っ直ぐ縫います。
③ 端と端を合わせて半分に折り、折り目の上下にチャコペンで印をつけます。
④ 布を裏返して表側を上にし、縫った両端を真ん中の印のところへ持ってきて観音開きの戸のような形にします。布の裏面が表になっているのを確認してください。
⑤ アイロンで両側の折り目にしっかりくせをつけ、ずれないようにまち針で止めます。
⑥ 上下それぞれ5mm幅で二回折り、まち針で止めて縫います。
⑦ 裏表を返し、先が尖ったもの(楊枝など)で四隅を中から突いて形を整えます。最後にアイロンできれいに伸ばしてください。

まとめ

ソーイング手芸は簡単にできる小物作りから服の仕立、またカーテンなどインテリアに用いるものまでと幅の広い分野です。
レベルアップするにつれてミシンを始め様々な道具を揃えていく必要がありますが、努力と投資に見合う実用性があります。
ぜひいろいろな作品に挑戦し、好きなものを思うままに作る楽しさを見つけてください。