スパンコール

スパンコール又はスパングルとも呼ばれていますが、キラキラと光を反射する洋服や小物、アクセサリーなどで美しく見せるのに効果的な素材です。直径4㎜~8㎜などのものがあり、100枚入りなどまとめて袋売りされています。用途としてはステージ衣装などによく用いられるのでお子さんのダンスの発表会などにも欠かせません。フィギュアスケート選手の衣装でもお母様がスパンコールを手縫いしたというエピソードを聞いたことがあります。バトントワリング、新体操やウェディングドレスにも使われます。

スパンコールと一口に言っても形や素材も色々あり250種類以上もの商品を扱うお店もあります。普通の丸型だけでなく、四角や亀甲型、平型、花型、結晶型などがあり、色も白、黒、クリスタル、シルバー、ゴールド、メタリック、カラーものなどたくさん出回っています。ですから自分の作品にあったものがきっと見つかるでしょう。

スパンコールワッペン

ワッペンタイプになっている便利なものもあります。小さなスパンコールをデザインして並べてひとつひとつ縫い留めていく手間が省けます。しかもアイロン接着が可能なものならさらに時間短縮で忙しいお母さんの見方になります。ダンス衣装にぴったりな大きな一つのモチーフになったものが売られています。大きさも20cm以上の物もありますからドレスのすそ部分や肩部分やバッグの中央に1つ付けるだけでパッと目を引きます。大人っぽい花や可愛い花などをはじめ色々な色やデザインがあります。一例として1枚180円~で売っていますが、舞台衣装用なので訳あり品でお安くなっている物も出回っています。1つくらいスパンコールが取れていても舞台なら目立たないから良しとする人には安くておすすめです。

市販のワッペンでは気に入ったものが無いという人は、スパンコールワッペンを手作りすることもできます。洗濯するようなものなら縫い付けなければなりませんが、そうでなければボンドでつけて簡単に作ることができます。

スパンコールテープ

先に登場したオリジナルのスパンコールワッペンを作る時などにおすすめの商品がスパンコールテープです。スパンコールがテープ状に連なっているので一枚一枚縫い留めなくても済みます。あとはテープの裏にボンドを塗って作品に接着すれば完成です。スパンコールブレードと呼ばれている物も同じです。スパンコールが一連のものやいくつか並べて幅広タイプになったテープもあります。一例として巾22㎜で10cmあたり432円となっていますが、最低50cmからで売っていたりするので多少高くなります。でも装飾性が高く、バッグの端などに使うだけで雰囲気がガラッと変わるので手作り品の仕上げには上手に使いたいものです。他の用途にはパーティドレス、舞台衣装、カーテン、テーブルクロス、ブローチ等があります。一連のタイプでは一例として4.5mで451円などで売っています。

注意すること

ボンドを使ってスパンコールを接着する場合に問題になるのが、ボンドのはみ出しです。なるべくはみ出さないようにボンドをつけすぎないように気を付けて付けることはもちろんですが、それでもはみ出してしまったらこすって広がらないようにティッシュでそっと取ります。他の部分についたボンドがスパンコールにつかないように注意しましょう。ボンドはスパンコールの輝きをなくしてしまうからです。