さまざまなクラフトで使用するへらの用途や使い方

レザークラフトには用途別にたくさんのヘラが使われます。用途別に見ていきましょう。

・ヘリ磨き用のヘラ
ヘリを磨くときは専用のヘリ磨きで磨きますがクラフト社のものはヘラ付きのヘリ磨きで、ヘリが磨けることはもちろん捻引きの代わりにもなり手縫い線を付けたり折り目線を付けたりできます。

使い方はヘリにトコノールを塗り生乾きの状態でヘラを使って磨きます。丸く仕上げたい場合は窪んだヘリ磨きを使います。最後にコバ仕上げ剤を塗って完成させます。

・接着剤用のヘラ
その名の通り接着剤を革に塗るためのヘラです。広い面に塗る用と狭い部分に塗る用とがあります。上級者ともなれば大は小を兼ねるで同じものを使って仕上げる人もいます。

使い方は接着剤を革にのせ、広い面を使ってさっと塗り広げます。端にだけ接着剤を塗りたいときにもヘラは活躍します。

・仕立て用ヘラ
のりが付いてくっついてしまった部分を剥がすときに主に使います。

革と革の間に差し入れて剥がしていきます。柄が付いていると周りに傷をつける恐れががるのでフロンティアの柄の無いデザインの仕立て用ヘラが人気です。

紙粘土クラフト用のヘラ

紙粘土クラフト用のヘラにはさまざまな種類があります。種類別に見ていきましょう。

・金属製のヘラ
金属製のものは切れ味もよくスパチュラと呼ばれ、針のようになったものや鍵の形、ナイフのような形ものなど細長い形状のものが揃っていて細かい成形が得意です。

・プラスチック製のヘラ
手軽に手に入るのがプラスチック製のヘラです。100均でも手に入れることができます。先があまり鋭くないので余程成形のいいものでないときれいには切れません。しかし、丸みを持たせたい作品を作るときには便利です。

・木製のヘラ
木製のヘラは使いやすいように自分で削って形を変えられるので、市販のヘラでは作りたい形にならないなというときに便利です。

・ループ状のヘラ
針金がループ状になったヘラは紙粘土を剥ぎ取るのに便利です。切りながら形を整えたいときに重宝します。

紙粘土用のヘラは箸を握るように持ったり、人差し指で押すように持ったり、撫でつけたり引っ張ったりといろいろな使い方をします。作るものが立体的なときは特にさまざまなヘラを使い分けて作っていきます。

ソーイング用のヘラ

一般に売られているものは牛骨で作られていますが、象牙や水牛の角でできた高級なものもあり布にチャコペンなどを使わずに線を引くことができるので簡単には洗うことのできない和裁をするときに用いることが多いです。洋裁をするときにはあまり使われなくなってしまいましたが、しるし付けが簡単にできるので意外と使える道具なんです。

使い方はまず、丸みのある方を下にして手をかけ、人差し指でヘラの上を押すようにして握ります。そして線を引きたい部分の上を強く押しながら自分の方に引いて線を付けます。圧が弱いと布に線が付きません。カーブはゆっくりとヘラを傾けながら引いていきます。

型紙通りに線を引く場合は型紙に沿ってヘラを滑らせて線を引いていきますが、裾上げをしたい場合などに定規を使ってしるしをつける場合はヘラを縦に持って握りしめ、定規に当てて丸みのある部分から尖った先までを使いながら前・後ろと力をかけて動かしてしるしを付けます。

ワイヤークラフトとは

ワイヤークラフトとは金属製のワイヤーを曲げたり巻き付けたりして形を作るハンドクラフトです。ワイヤー(針金)とペンチだけで作ることができるので簡単に始めることができます。

フックを手作り

ワイヤークラフトでまずは簡単な造りのフックから手作りしてみましょう。引っ掛けて使うのでしっかりとした硬さのあるワイヤーを使って作ってください。

【材料】
・ワイヤー(針金)
・ラジオペンチ
・ニッパー
・セロハンテープ

【作り方】
ワイヤーフックは切り端をフックの付け根部分から始め、背面を作って最後にフック部分を作っていきます。

1.ワイヤーを適量ニッパーで切り出します。

2.まず背面になる部分を作っていきます。ワイヤーの切り端は最後にワイヤーの付け根ワイヤーで巻いて隠すのでフックの付け根辺りから始めてください。

3.ラジオペンチを使ってワイヤーを成形します。下絵を描いておくと形が作りやすいです。

4.背面の成形が終わったわフックの長さだけ下に伸ばしたらラジオペンチを使って2本一緒にU字にしてフックの部分を作ります。ワイヤーが2重になることで強度が増します。

5.始めの切り端に重なるようにワイヤーを切り揃えます。

6.継ぎ目をセロハンテープで巻いて短く切ったワイヤーを上から巻けば完成です。テープが見えないように隙間なく巻いてください。

3連フック

3連フックを作るには3つのフックを横につなぎ合わせて作るやり方と横に張ったワイヤーにフックを取り付けるやり方とがあります。横に張ったワイヤーに3つのフックを取り付けるやり方を説明しましょう。

【材料】
・ワイヤー
・細いステンレスワイヤー
・ラジオペンチ
・ニッパー
・紙とペン

【作り方】
1.型紙を作ります。紙にペンで描いてその上にワイヤーをのせて形を作りましょう。一本横に線を描き、左右の端の処理や背面のデザインを決めてください。

2.ワイヤーをラジオペンチで曲げながら型紙通りに作ります。ワイヤーどおしをつなぐ場合は硬めで細いワイヤーで巻くときれいにしっかりと留めることができます。隙間なくぎっちりと巻くときれいで強度も上がります。

3.フックの部分を作ります。ワイヤーを適度な長さにカットして中心から半分に折り曲げたら、2本一緒にU字に折り曲げてフック部分を作ります。付け根に細いワイヤを巻いて固定し、切り端は両サイドにワイヤーを開きカールさせて渦巻型にし処理します。

4.作ったフックパーツを本体に留め付けます。横のワイヤーに等間隔にフックの渦巻の部分を細いワイヤーで留め付ければ完成です。

どんなモチーフでも作れる

ワイヤーフラフトでは曲線と直線を組み合わせてどんなモチーフでも作ることができます。一筆書きをするようにデザインしたり、強度を上げるためにつなぎ目を作ったり2重にしたりしてワイヤーを巻き付けて作るようにしましょう。

ワイヤークラフトで大事なこと

ワイヤークラフトをする際には始めにワイヤーを真っすぐに整えることが大事です。これをするのとしないのとでは出来上がりが大きく異なります。ワイヤーを真っすぐにするには輪にして売られているワイヤーをある程度手で伸ばしてから、平らな板などを使って挟みゴロゴロと転がしていきます。微調整しながらワイヤー全体に施しましょう。こうすることで真っすぐなワイヤーにすることができます。