クラフトパンチとは

クラフトパンチを使えば紙の角をデザインしたり、紙の縁をデコレーションすることができます。例えばメッセージカードを手作りするのに最適です。白い紙にクラフトパンチで穴を開け、濃い色の紙の上に重ねればクラフトパンチのデザインが浮き立って見えてとても素敵です。

それではクラフトパンチの種類を少しご紹介していきましょう。

・縁用のラインパンチ
縁に模様を入れるクラフトパンチです。幅の短いものから長いものまでさまざまあります。

・角用のコーナーパンチ
お店では値札をかわいく飾るのに使ったり、個人ではカードを飾るのに用います。角をクラフトパンチの中に入れてパンチするだけでデザイン的なコーナーにできるのでいろいろなものを作るのに1つ持っておくと重宝します。

・サークル模様になるパンチ
中心部から回してパンチすることでサークル状の模様を入れることができます。使ってみるとその素晴らしさに感動します。

・絵柄がカットできるパンチ
切り抜いても可愛く、切り抜かれた紙もデコレーションに使える2役楽しめるクラフトパンチです。さまざまな絵柄があります。

・アルファベットや数字のパンチ
バースデーカードを作ったり名前や日付を入れたいときに便利です。

レースのように

細く切った紙の両サイドをラインパンチで切り抜けばレースのような軽やかな紙テープを作ることができます。左右を違った模様で切り抜いても可愛いです。作った紙テープは紙袋に巻いたりアルバムを飾ったりといろいろな用途に使うことができます。

クラフトパンチのメーカー

クラフトパンチを扱っているメーカーをご紹介しましょう。

・MarthaStewart(マーサスチュワート)
アメリカを中心に活動するライフコーディネーターのマーサスチュワートが手掛けたクラフトパンチです。白いパンチが特徴でデザインがよく機能も充実したパンチが多く出ています。

・CarlaCraft(カーラクラフト)
カール事務器株式会社から販売されているクラフトパンチで絵柄のパンチがかなり充実しています。コンパクトな形状でコーナーから縁の型抜きまでこなす「フローレンス ミュレ」シリーズは便利です。

・呉竹キュアパンチ
墨や書道道具、筆ペンなどで有名な呉竹から発売されているクラフトパンチでスクラップブッキング用品として売られています。軽い力で型抜きしやすい作りになっています。

・DAISOやセリアなどの100均のお店
100均のお店にもクラフトパンチが売っています。絵柄がパンチできるクラフトパンチがおもです。いろいろな種類を揃えたい場合にはプチプラなので助かります。刃の切れ味は抜群に切れるとは言えませんが適度な厚みがあればきれいに切れます。

クラフトパンチ使用で注意したいこと

クラフトパンチで穴を開けるときに注意したいのが紙の厚みです。余り薄すぎるときれいに切り抜けない場合があります。薄い紙は2~3枚重ねるかコピー用紙を重ねて抜くと上手くいきます。

逆に分厚過ぎる紙も注意が必要です。ブランドもののクラフトパンチであれば刃が鋭くある程度まで切れますが、100均などのプチプラクラフトパンチだと限界があるのできれいに模様を出したいのであればブランドもののクラフトパンチを使うことをお勧めします。