クラフト作りが好きな人の理由の多くには”無心になれること”があります。

クラフト作りは手先を動かして脳も活性化させて、ゆったりとストレス発散するのもおすすめです。

クラフト作りで体験できる無心

クラフト作りは手先を動かしていても心は悠然としていてリラックスできることができます。

この無心になれる感情の背景には”その動作(作業)が分かっている”という自信があります。体に叩き込まれた作業は、考えるまでもなく自然に動かせるものです。

職人さんが手早く正確に作業できるのもこの感覚が身についているからです。

よく体験する無心

私達も普段の生活では勉強・仕事、スポーツ等で無心の状態を体験することがあります。

例えばスポーツでは、ボールが飛んで来たら反射的に止めたりキャッチできる、一瞬で状況を把握して瞬時に行動できる、仕事や家事では工程を考えずに作業できることが多々あります。

こういった作業は、基本的な動作が分かった上で全体の複雑な流れも分かるものです。

クラフトでつまづく時にも、その作業のどれか一つが分かっていないことが挙げられます。逆に言えばその新しい1つ1つの作業ができるようになれば、全体としても把握しやすくなるのです。

ストレス発散への効果

落ち着いた気持ちで作れるクラフト作りは、混沌とした普段の生活を整えてくれて良い気分転換にもなります。

クラフト作りのストレス発散への効果は、自分の興味のあるものや好きなものであればよりストレス発散しやすいです。

クラフト作りの難易度も、できることとできないことの中間の難易度であれば挑戦しやすく、できた時には達成感があり自信もついて「前向きで楽しいクラフト体験」ができます。

友達とのクラフト作りでストレス発散

ストレスは溜め込むことで落ち込みやすく、時にはうつ病等の精神的な病を引き起こす事がります。

クラフト作りはストレスを溜め込む前に予防して、心の中の複雑な感情と向き合い少しずつ解消することにも効果があります。

どうしても解決できないときや理由をこじつけてしまうようなときにも、友達とお話ししながら作業すれば、穏やかな感情を保つことができて友達との関りも楽しむことができます。

日常的に無心になる作業が多い人も、友達とのおしゃべりを楽しみながら適度な無心のリラックス状態を楽しんではいかがでしょうか。

クラフト教室でストレス発散

同じ趣味(クラフト作り)の友達が居なくて、一人で作業していてもなんとなく寂しい気持ちになるときにはクラフト教室がおすすめです。

新しい出会いがクラフト作りをよりわくわくさせてくれるでしょう。

無心と瞑想

クラフトで無心になっているときには、瞑想と似た感覚になっていることがあります。

比較的静かな場所で落ち着いた気持ちでリラックスし、呼吸も自然体で内面に目を向けます。あとは目を瞑っているかどうか、体は動かしていないか、呼吸に重点おいているかどうかの違いです。

クラフト作りでの無心の状態は、普段の集中力や理解力のアップ、感情や気持ちの整理にも効果があります。

いつもと同じ作業に飽きた時にも、作業場所を変えてみたり、新しいクラフト作りに挑戦しながら適度な無心を楽しむのもいかがでしょうか?