レザークラフト用品で人気のメーカー・ブランド

レザークラフトとは革を使ってさまざまなものを手作りすることで、染色から手縫い、ミシンを使った縫製、カービング、コバ磨きなど工程も多く主に男性がやっているイメージがありますが、もちろん女性でも楽しめるハンドクラフトです。

・クラフト社
材料となる皮革や縫うための蝋引き糸、菱目打ちやカービングの道具まで革の材料や道具が揃っているメーカーです。へりおとしやステッチルーレットなど本格的にレザークラフトをしたい人にうれしい道具も多数あります。ジャノメと共同開発した革が縫える家庭用ミシンも発売されています。

・コニシ
革用のボンドと言えばコニシのボンドG17が有名です。

・SEIWA
クラフト社にも染料はありますが、人気が高いのはSEIWAのローパスバチックです。鮮やかに染めることができます。

ペーパークラフトで人気のメーカー・ブランド

ペーパークラフトとは細長く切った紙をクルクルと丸めて形を作るハンドクラフトでパーツを作り組み合わせながら美しい曲線を生かしてさまざまなものを表現できます。カードの飾りにしたり、ウエディングの際のウエルカムボードや額に入れて壁掛けとして飾ったりして楽しみます。

・NKcraft
日本のペーパークイリングの作家がプロデュースする材料が揃います。上質のペーパーで色合いもよく、使い心地のよい道具が揃います。

・Quilled Creations社
アメリカの会社ですべての紙の質感が同じなので巻きやすいペーパーになっています。キットにはかわいらしい動物や花が作れるものなどがあります。

・JJQuilling社
イギリスの会社で美しい色合いがミックスされたペーパーが多数揃っています。

・LakeCityCrafts社
ペーパークラフト界で最大のメーカーです。品揃えが豊富でキットやツールも充実しています。

・JUYA Crafts
海外のブランドです。ネットショップを利用すれば直輸入で安く手に入れることができます。キットにはカットされたペーパーにクイリングスロートなどがセットになった商品もあります。

ビーズクラフトで人気のメーカー・ブランド

ビーズクラフトでアクセサリー作りをするのは本当に楽しいものです。

・スワロフスキー社
クリスタルガラスのビーズを主に扱っている会社で美しいカットには定評があります。お値段も高めで宝石と言っていいほどの価値があります。

・チェコビーズ
チェコビーズはどこの会社で作られたということはなく、チェコで作られたビーズのことをすべてチェコビーズと言います。ファイヤーポリッシュというカットしたビーズを熱して角を落とし、独特の艶を持たせたビーズが有名です。

・TOHO
日本で生産されているシードビーズと言えばTOHOです。日本製で言うとMIYUKIもビーズも有名です。

・貴和製作所
貴和製作所はアクセサリーのパーツを制作販売している他、スワロフスキーやチェコビーズの取り扱いもしています。アクセサリーを作りたければ一通りの物が揃えられるメーカーです。自社でティアドロップビーズというしずく型をしたハンドメイドのビーズも販売しており1つ1つ違った表情を持つビーズは魅力的です。

値札のタグの表記を考える

販売を委託する場合を除き、あなた自身で販売する場合は必ずしも必要ではありません。ハンドメイドマーケットだとここに名札を付けず一律での販売にしている方もいます。でもタグはお店お顔としての意味合いを持つので、あったほうがあなたの商品の信頼性が高くなるのでしょう。

どんな内容を乗せる?

あなた自身で販売する場合の値札タグだったら、最低限記載したいのは、屋号(ブランド名)商品名、価格の3つ。価格は、必ず税抜き(税込み)の両方の価格を乗せるか、税込みの価格を載せてあげると親切です。余談ですが、¥〇〇〇と載せるより〇〇〇円と記載したほうが売れやすいと言われています。また、購入してくださったお客様をつなぎ留めておくためにはお店のURLやブログサイトも載せたいところですが、さすがに小さな商品タグに長々としたURLの記述はできません。そのようなときに便利なのが、QRコード。QRコードはネット上で簡単に作れ、QRコードの画像も無料でダウンロードできるので、誰でも簡単に作成できます。「QRコード 作成」と検索すると作れるサイトが出てくるので確認してみてくださいね。あなたの商品を購入したお客様は、あなたの商品に興味がある(興味をもった)という人です。そういったお客様をブログやお店のWebサイトに誘導して、あなたの商品のファンを増やしていきましょう。

値札タグの作り方

商品の値札タグは、数百枚単位で必要がない限り印刷業者に頼む必要はないと思います。ワードで作成して、家のプリンターで印刷しはさみでカットして値札タグにすればいいのです。私が以前に値札タグを作成した際は、クラフト紙を利用したのですが、そのクラフト紙独特の風合いから商品がより目立ってお客様の反応が良かったです。クラフト紙ではなくても、(厚手の紙だったらなんでもいいのですが)例えば100円ショップの厚手の無地のハガキを購入し、ワードのハガキ印刷で作成するということも可能です。あとは穴あけパンチで穴をあけてヒモで取り付ければOKです。お金をそれほどかけなくても作成可能なので、まだ作成していない人はお金をかけず作成し、お客様の反応を確認するのがいいと思います。

商品タグ大量に作らないといけない場合

大量に作らないといけない場合は、家のプリンターで印刷はいいとしてもはさみで切ったり穴をあけたりするのは非常に手間と時間がかかります。その場合はタグ自体を購入しましょう。「タグ 値札用品」と紐がついたタグを購入できるサイトを見つけることができます。シールタグも一緒に購入し、そのシールに印字してタグに張り付けるということもできます。小さめタグが必要な場合は、なおさらタグ自体を購入したほうがいいですね。共通の屋号やロゴはシールタグで印刷し、価格だけ値段付けのハンコを利用するのが便利です。用途や枚数によって利用するのがいいかもしれません。

まとめ

今回は値札用タグについてお話ししました。如何でしたでしょうか。もちろん業者に頼むという手もありますが、まずはあなた自身で作ってみて感触をつかむのがいいと思います。是非、こだわりの商品タグを作ってくださいね!
・ 商品タグは必須ではないけれどもあったほうが良い
・ 最低限記載したいのは、屋号(ブランド名)商品名、価格の3つ
・ できれば乗せたいブログやお店のQRコード
・ まずはあなた自身で作ってみてお客様の反応を確かめよう
・ 大量に作らないといけない場合は、やっぱりタグ自体を購入しよう