指輪は大切な人へのプレゼントや、婚約・結婚指輪など特別な意味を持っていることが多いです。

そんな心のこもったプレゼントは、落ち着いた印象のクラフト紙でラッピングするのもいかがでしょうか?

カード型の指輪ケース

メッセージカードと思って開けたら、飛び出すポップアップカードでびっくりすること間違いなしです。

存在感のある指輪もメッセージカードから飛び出すような演出で、驚きと感動を倍にするのもいかがでしょうか。

《材料》

・クラフト紙

・クラフト紙でできたメッセージカード

・カッター

・のり

・包装用の紙と袋(贈答用のシールもあれば尚良し)

《作り方》

1.クラフト紙をメッセージカードの大きさに切ります。

2.1で余った紙を使って指輪の土台を作ります。指輪の土台は横長の長方形の紙を使用します。土台は横長の長方形を二つ作るように半分に折り、さらに上下の端ののりしろ分も折って痕を作ります。

土台の横幅は、長い方が土台の横から指輪の下部分が見えなくてお洒落です。全体の縦幅は指輪3個分の長さを目安にすると良いでしょう。

2の半分に折った折り目を垂直にします。土台の高さは指輪より少し小さめにします。(指輪は上半分が表に出るため)

余った部分はのりしろにして、あまりにものしろ幅が大きいときには適度な幅にカットします。

3.指輪を入れる部分はカッターで切り込みを入れて作ります。

この時も指輪がストンと落ちないように、指輪より少し小さめに切り込みを入れましょう。

最後に、土台のクラフト紙ののりしろを内側に折って貼り付けて、指輪も付ければ完成です。

メッセージカードの包装

シンプルなクラフト紙は心のこもったメッセージとお洒落なスタンプでデコレーションします。

《カードの内側のデコレーション》

指輪の存在が豪華なのでシンプルなデザインでも大丈夫です。

アンティーク調のスタンプでまとめるのも良いでしょう。

《カードの包装》

メッセージカードの表面は、クラフト紙だけでは物足りない印象を受けるので、クラフト紙に合ったアンティーク調等の包装紙を貼って豪華な見た目にします。

最後に包装用の透明な袋で包装して贈答用シールを上端に貼れば完成です。

テトララッピング

本来はお菓子を入れるような立体型の三角形のテトララッピングは、100円ショップのセリアでも購入できます。

テトララッピングの柄は、立体的な正三角形の包装が引き立つように、部分毎にデザインが異なるものを使っても面白いです。

●テトララッピングは包装してから作る

テトララッピングは立体型で包むのが難しいことから、先に透明な包装用の袋に入れてから作ります。

テトララッピングの中に指輪を入れる時には、開けた時に指輪が転がっていかないようにスポンジ等で土台を作っておいても良いでしょう。

こちらも贈答用の金のシールを貼れば、より特別感が増します。

さいごに

豪華すぎずちょっとした指輪のプレゼントには、ポップアップカードやテトララッピングで意外性を出すのもおすすめです。

包装紙もクラフト紙に合っていて且つ相手に合わせた色や柄のものを選べば、さらに喜んでくれるでしょう。

まんねり化したプレゼントを卒業したいときにも、手軽な指輪のラッピングは上品に遊び心も持たせてくれます。