片付いた部屋のメリット

作業がしやすいようにクラフト部屋にはパーツや素材の収納場所を作って、きれいに管理するといいでしょう。どこにしまってあるかすぐに分かるように工夫して収納すれば、使うときに取り出しやすく作業効率も上がります。クラフト部屋の収納アイデアをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

1.書類入れが便利

背の低いものやペーパー類、平らで重ねて収納できるものは書類入れを活用して収納すると良いでしょう。積み上げられるタイプの書類入れを重ねて使うと大容量でスッキリとした部屋になります。

2.ファイルボックスに立てて収納

ファイルボックスにはハンドメイド本だけでなく、パターンや折りたたんだ布などを立てて収納するとすっきりと片付きます。さらにパターンはクリアファイルの中に入れて分類すれば種類ごとにわかりやすく収納できますし、袋状に区切られているアルバムを使って写真の代わりにレースやバイアステープなどを入れる収納ケースとして使うアイデアも見やすくて使いやすいです。

3.見せる収納はカラフルなものを

ボタンやビーズ、革紐などの素材やデザインに使う色鉛筆などカラフルなものはフタつきの空き瓶に入れて飾ってもおける見せる収納をするとすてきです。見た目も鮮やかでどこにあるのか一目瞭然なので実用的でもあります。

4.工具は壁に掛けて収納

レザークラフトなどで使う工具は壁に掛けて収納できるようにすると使うときにすぐにどこにあるのか分かりますし、所定の場所を決めておけば失くすこともなくなります。穴の開いている工具ならフックを取り付けて掛ければいいですが、穴の開いていない工具はバンドなどを壁に取り付け差し込んで収納するといいでしょう。引っかかりのない工具は下に桟を付けてあげれば落ちることなく収納できます。

5.吊るして収納

穴の開いた工具やひも状のもの、輪になったものなどは壁にフックを取り付けて吊るして収納するのもいいでしょう。収納位置を変えやすい有孔ボードを取り付けて使うとおしゃれで便利な吊るし収納ができます。

6.手の届く高さに棚があると便利

手の届く高さにすぐに物が取れるように棚があると便利です。棚はボックスの棚を購入しなくても、壁に棚受けを取り付けて棚板を載せると簡単に作れます。壁に直接取り付けることが出来ないときにはディアウォールを取り付けて柱を建ててそこに棚受けを取り付けます。極端に重たいものでなければこれで十分に物が載せられます。

7.大きなものは無印のPPケースに

大きなものをスッキリと収納するには無印良品のPP(ポリプロピレン)収納ケースを使うと良いです。薄っすらと透けて見えるのでどこに入っているか見当が付けやすいですが、見せたくない場合は白い厚紙を内側に貼り付けたり、おしゃれな紙や布を厚紙に貼り付けて引き出し口をデザインしてもすてきです。中身が分かるようにテプラやマスキングテープなどでラベリングするといいでしょう。

マスキングテープを100均アイテムで収納

最近のマスキングテープはサイズもデザインも本当に多彩で、本来の役割であるマスキングのみならずマスキングテープそのもので作品を作ることも出来てしまうほどです。そうなってくると、種類やデザインに比例して購入する量も増えてきます。となると、次に問題となるのが「収納」です。マスキングテープは形を変えて収納することは出来ませんので、次に使う時にのために出しやすさも考慮しないといけないのでちょっと頭を使って収納法を考えないといけません。そこで、コストも考慮した収納術を紹介します。

収納グッズは100均で

マスキングテープ本体よりも収納グッズの方が一回にかかるお金は大きいです。なので、出来る限り安く抑えたいですよね。そこで、ここでは収納グッズは100円ショップに的を絞りセリアのグッズで焦点を当てていきたいと思います。ちなみに、セリアではマスキングテープ専用の収納グッズが多く販売されています。どちらかといえば、大量にテープを収納するというよりも少量で使いやすいように収納するというコンセプトでのグッズがメインです。

まずは、マスキングテープカッターと呼ばれる収納グッズです。こちらは一個につき5本のマスキングテープを収納出来て、テープカッターも付いていることが特徴です。5本収納しても余裕があり、交換もしやすいので一番使うテープを端に置いて交換しながらどんどんずらしていくという使い方も出来ます。重量感もなく持ち運びも便利です。

続いて同じタイプでフタ付の収納ボックスです。先ほど紹介した収納ボックスと仕様はほぼ一緒ですが、フタが付いていてホコリから守ることが出来るようになっています。どちらも透明なのでシンプルであることと、テープの使用状況を常に確認できるところがポイントです。

次にマスキングテープボックスです。こちらもボックス状になっているのでホコリから守ることが出来、一個に付き5本収納することが出来ます。手前のフタを開けるとマスキングテープは斜めになって出てきますので、出し入れしやく使いやすい仕様となっています。フタ以外はホワイトカラーですがフタだけは透明なので、テープの使用状況を確認できるようになっています。

続いては木製のマスキングテープカッターです。セリアではプラスチックだけでなく木製のマスキングテープカッターも販売されています。こちらは一個につき6本のテープを収納可能になっています。作りは少し粗めですが、それでも100円の商品という意味では十分なクオリティなので、普通に使用する分には全く問題ありません。上へと継ぎ足していけるように4つの飛び出しがありどんどん上へ棚を重ねていくことが出来ます。

最後にA4ワイドケースです。これはセリアだけでなく、ダイソーやキャンドゥでも売っている書類ケースです。しかし、この場合テープカッターや縦に並べて置くタイプではないので使い方としてはメイン以外の在庫をホコリから守るように管理するような使い方がベストでしょう。

まとめ

マスキングテープは非常にかさばる物です。収納は、こまめにかつ機能的にしないと後で大変なことになります。ここではセリアの収納グッズを紹介しましたが、他にもオシャレさや機能性を追求するなら無印良品の収納グッズもオススメです。

収納するときには収納家具や収納用品を木製にするのか、金属製にするのか、PPなどの樹脂素材にするのかなど、ある程度統一させたほうがスッキリとまとまった印象になり、より片付いた部屋になります。きれいに片付いた部屋は雑多に物が溢れる部屋よりも広く感じられて気持ち良く作業ができます。