マグネットボタンとは

マグネットボタンとは磁石の付いたボタンで開閉ができる金具のことです。取り付け方は簡単で、切り目を入れた部分にツメを差し込みツメを折ったり、金具を糸で縫い付けたりして取り付けます。マグネットボタンを取り付けると、裏側に金具のツメが出たり糸が見えてしまうので取り付けるときは裏地を付けて隠します。

差し込み式マグネットボタンの取り付け方

それでは詳しい取り付け方をご紹介しましょう。

1.まず取り付けたい部分の裏側に接着芯をアイロンで貼り付けます。(革などの厚みのある生地であれば貼り付ける必要はないです。)

2.取り付ける場所にチャコペンを使ってしるしをつけます。ツメの幅分、線を引いてください。

3.リッパーを使って線通りに切り込みを入れます。

4.切り込みにツメを差し入れ裏に付属のパーツを取り付けてからツメを外側にペンチで折り曲げます。

5.同じ要領でもう片方の部品も取り付けたら完成です。

縫い付けるタイプのマグネットボタンの取り付け方

縫い付けるタイプのマグネットボタンはホックを付ける要領で縫い付けてください。

1.取り付けたい部分にしるしをつけてます。

2.マグネットボタンを当てて針で金具の外側から金具の穴に向かって刺したら糸をぐるっと針の下に掛けて引き抜きます。

3.これを繰り返して縫い付けます。

4.最後は玉止めして一度針をボタンの下に通して反対側に針を出し糸を引っ張って玉止めの玉を金具の下に隠し、糸を切ります。

どんなものに取り付けるのか

・バッグや財布に
ファスナーの代わりにマグネットボタンを使うと簡単に開け閉めができて便利です。マグネットボタンを使うことでデザインの幅も広がります。

・ポーチやクラッチバッグにも
小さなポーチにも大きなクラッチバッグにもどちらに使ってもOKです。合うサイズのものを選んで取り付けてください。サイズもさまざまありますし、金具の厚みも薄型のものなどがありますから小さなバッグに使う場合には薄型の形状のものを使うといいでしょう。

・キーケースに
キーケースを作る時にはホック式のボタンと共によく使われるのがマグネットボタンです。開閉がスムーズなのですぐに開けることができてキーケース作りには重宝します。

バッグに取り付ける場合のアイデア

バッグの口に直接取り付けてもOKですが、革などに取り付けてから革をバッグ本体に縫い付けると頑丈に作れます。

バッグに直接取り付けずに内側に別布でベロを作りそこにマグネットボタンを取り付けたり、ベルト状に成型した革などにマグネットボタンを取り付けてバッグの口を閉じるようにデザインしてもすてきです。

他にもフタの付いたバッグをとめるために使ったり、両端2カ所に取り付けて使ってもいいですね。

変わり種のマグネットボタン

表に飾りの付いたマグネットボタンは凹側はツメを折り曲げて、凸側はカシメて取り付けます。

他にはハートの形をしたものや革に取り付けて売られているもの(縫い付るタイプ)や初めからバックルが付いた状態の本革ベルトにマグネットボタンが取り付けてあるもの、生地の間に縫い付けて見えないようできる隠しマグネットボタンなどがあります。

金属製のマグネットボタンが一般的ですが、金具の部分がプラスチック製のものもあります。