小物やアクセサリー手芸にも使えるビーズ刺繍の基本

ビーズやスパンコールをびっしりと縫いつけたビーズ刺繍はとても華やかで豪華に見えます。ビーズバッグのように全面に縫い付けなくとも、ポイント刺繍にあしらわれたビーズは光を反射してとても美しいものです。
このビーズ刺繍の基本的な知識と基礎を紹介します。

ビーズ刺繍手芸とはどういうものか

現在のビーズ刺繍は、パリで発展したオートクチュールの技術が基本になっています。そのため通常は、フランス刺繍の技法に則って刺していくことになっています。

ビーズ刺繍手芸で使う基本的な道具

・ビーズ刺繍専用針
通常の縫い針や刺繍針だとビーズの小さい穴に通らないため、ビーズ刺繍専用の針を使います。100円ショップでも置いてあることがあります。

・ビーズ刺繍専用糸
ビーズの穴が小さいと普通の刺繍糸で通らないことがあるため、ビーズ刺繍の専用糸があります。通常の糸と比べると表面が滑らかにできているため、ビーズが通りやすいという利点もあります。ない場合は普通の刺繍糸や縫い糸で代用してください。

ビーズ刺繍の基本的な刺し方

ビーズ一粒につき二度糸を通すのがビーズ刺繍の特徴です。連続して通すときにもひとつの縫い目に幾つものビーズは通さず、一粒ずつ丁寧に縫いつけていきます。ビーズの縫いつけ方を解説します。

・一粒刺しの方法
ビーズを付けたい位置の裏から糸をつけた針を出し、ビーズを一粒通します。針をビーズ一粒分だけ左に潜らせ、最初に針を出した箇所から再度針を表に出します。その針でもう一度ビーズを通し、前に針を潜らせた箇所に再度針を刺して糸を引き締めます。最後に裏側で玉止めします。

・連続刺しの方法
途中までは一粒刺しと同じように刺し、二度目にビーズに糸を通したらそのまま次のビーズを通してビーズ一粒分左に糸を潜らせます。ビーズを刺した糸を出した場所から針を表に出し、2個目のビーズに糸を通します。連続刺しはこの繰り返しです。

・スパンコール1つを刺す方法
スパンコールを付けたい場所に裏から針を出し、スパンコールを1つ通します。スパンコールの右側をまたいで裏側に針を潜らせ、今度はスパンコールの左外側から針を出します。スパンコールをまたいで中心から針を潜らせ、裏側で玉止めします。

・スパンコールを連続刺しする方法
スパンコールを縫い付けたい位置からスパンコール半分の長さだけ左に裏から針を出し、スパンコールを縫い付けたい場所に置いて中心の穴から針を裏に潜らせます。次の針は再びスパンコール半個分左側から出し、1個目に重ねておいた2個目のスパンコール中心部から針を潜らせます。これを繰り返して連続で刺していきます。

簡単にできるビーズ刺繍のサークルブローチの作り方

材料
□シードビーズ
□パールビーズ
6mm 30個
10mm 1個
□ビーズ刺繍専用糸
□フェルトシート
□ブローチピン
□布用接着剤
□チャコペン

作り方
① フェルトシートに直径5cmの円を二つチャコペンで描き、その内1枚は切り抜いておきます。
② フェルトシートに残った円の内側5mmで円を描くようにシードビーズを連続刺しします。一周したら玉止めし、そのすぐ内側にぴったり寄せて再びシードビーズで円形を刺します。中心の空きが直径6mm程度になるまでこれを繰り返します。
③ 最初に刺したシードビーズにややかぶるように寄せて、外側に6mmのパールビーズを円く刺します。最後に中心に10mmのパールビーズを刺して玉止めします。
④ 糸を切らないように気をつけながら、チャコペンの印通りに刺繍したフェルトを切り抜きます。
⑤ 刺繍していない方の円形フェルトにブローチピンを縫いつけ、2枚のフェルトシートを布用接着剤で貼り合わせます。

エコクラフトとは

今や100均でクラフトに必要な物ほぼ全てを揃えることが出来ます。そしてクラフトにもいろんな種類の方法や作品があり、編み込むという方法でクラフトをするエコクラフトというものが今注目されています。エコクラフトはコメ袋を縛るために使われていた紙紐が起源となっています。このエコクラフトというものを始める前に少し頭に入れておいても損のない知識をご紹介します。

エコクラフトに用いるテープ

エコクラフトに用いるテープは国内メーカーで扱っている色は100種類を超えていて、100円ショップだけでなく手芸専門店やインターネットでも簡単に購入することが出来ます。100円ショップには初めてエコクラフトを挑戦する人のために初心者用のキットも販売しています。

ちなみに、エコクラフトという言葉はハマナカ株式会社の登録商標となっていて、その他のメーカーからは「クラフトハンド」やクラフトテープ」といった商品名で販売しています。

テープの形状

エコクラフトに用いるテープは種類があり平たいテープと縄上のテープがあります。縄上のテープをエコラタンと呼び、主に作品のアクセントに用いる場合が多いです。平たいテープはエコクラフトのメイン材料ということで、その分太さや色のバリエーションが豊富です。だいたい一般的には12色の細い紐が接着剤でコーティングされた状態で製品とされていますが、この他にも24色のエコクラフトワイドというものも存在します。

テープの扱い方

テープは作りたい作品に合わせて好きな本数に合わせて割いて使うことになります。テープを割く時テープの先端2センチ程度にはさみで切りこみを入れます。それぞれ細いテープの溝にはさみを入れて、切り込みを入れたところへPPテープを横向きにいれます。このPPテープは持ちやすいように3センチ以上あることが理想です。

そしてテープの貼り付けについて、接着は木工用ボンドを用いその中でも速乾用が良いでしょう。また、作品の底面と側面で注意することがあります。底面は作品の完成度を大きく左右する箇所でもあるますので、テープ通しを接着する際は定規を使って垂直に接着するように心がけてください。そして側面は、アレンジで途中でテープの色を変えたりテープの交換をする場合が出てきます。この時、編み終わりの部分との継ぎ目は裏面部分で接着するようにしてください。そして裏面で接着できるようにほど良い長さでテープをカットしましょう。

テープの編み方の種類

エコクラフトには、いくつもの編み方が存在しますがその中でも「基本編み」と「追いかけ編み」の2つを知っていれば基本的なかばんやカゴを編むことが出来ます。そして他のいろんな作品を作るときもこの2つの編み方が必要になってくることが非常に多いです。いくつもの編み方がある中でも、まずはこの編み方をしっかり覚えることが大事です。