フェルトでマスコット作り

1980年代に流行ったフェルトのマスコットは今流行りの羊毛フェルトのマスコットとは違い、シート状になったフェルトを縫い合わせて綿を詰めるタイプのマスコットです。今回はそんなフェルトを使ったマスコットを作ってみましょう。

フェルトだから簡単に作れる

フェルトは切りっぱなしでもほつれることが無く扱いが楽なのでマスコットも簡単に作れます。フェルトの上にパーツを取り付けるときには布用の接着剤やボンドで貼るだけでもOKです。フェルトは適度に厚みがあるので刺繍をするのも枠なしで楽にできます。

トレッシングペーパーで型を取る

裏が透けるトレッシングペーパーを使って作りたいマスコットの型紙を書き写します。書き写したらハサミで切り抜いてフェルトにチャコペンで型を取ります。チャコペンにはいろいろな種類がありますが、細かいパーツを描くことの多いマスコット作りには鉛筆タイプやペンタイプのチャコペンがいいでしょう。中でも時間が経つと自然に消えるペンタイプのチャコペンは水洗いをすることのないマスコット作りに向いています。

パーツを縫い付けよう

フェルトを型通りに切り出したらパーツを縫い付けましょう。縫い付けるには「たてまつり」や「ブランケットステッチ」といった縫い方で縫っていきます。

・たてまつりの縫い方
たてまつりはパーツの裏側から縫い始めます。パーツから出た糸が縦(垂直)になるように本体との境目に針を刺して縫い付けていきます。裏返すと斜めに縫い目が入ります。ステッチを目立たせたければステッチを長めにしてもいいですが、短めに縫った方がきれいです。幅を揃えて縫いましょう。

・ブランケットステッチの縫い方
ブランケットステッチは端を縫い合わせるときにも使いますが、フェルトを縫うときにはよく使う縫い方です。ブランケットステッチもパーツの裏から縫い始めます。次に縫ったすぐ横に針を刺し糸をすべて引き抜く前に縫い目の真上の本体とパーツの境に輪に裏から縫って輪になった糸に針を通してから糸を引きます。これで糸が本体とパーツとの境目に引き上げられます。これを繰り返してぐるっと縫ったら、最後に縫い始めの輪に糸を通して引っ張って2重になった糸を斜めに引き上げれば終了です。ブランケットステッチのステッチの長さも短い方がきれいに見えます。ステッチの幅は等間隔に揃えて縫いましょう。

さまざまなステッチで刺繍

太い線をいれたいときはチェーンステッチ、細い線ならアウトラインステッチ、きれいな1本線にしたいならバックステッチ、玉にするならフレンチノットステッチ、模様を入れるならクロスステッチやヘリンボーン、レージーデージーステッチなどのステッチで縫っていくと良いでしょう。

目の代わりに黒いシードビーズを使ったり、飾りとしてカラフルなビーズやスパンコールを縫い付けてもすてきです。他にも人形や動物のマスコットを作るのなら頬に本物のチークを塗ってほんのり赤味を帯びさせると温かみのあるかわいい表情を作れます。

縫い合わせて綿を詰める

表と裏の生地2枚を縫い合わせます。縫い合わせるときにはブランケットステッチが一般的です。綿を入れる口を開けておき、手芸用の綿を割りばしなどで奥まで詰めてから口を閉じれば完成です。ひもを縫い込んだり、丸カンを取り付けたりすればキーホルダーにしたり鞄などに吊り下げて使うことができます。