着なくなったTシャツがヘアバンドに変身

もう着なくなったTシャツを使ってヘアバンドを作ってみましょう。身ごろの部分を幅10cmほどでカットして中心を2回ねじったら輪を開くだけで完成します。Tシャツから2本の輪を切り出して編んでサイズ調整すると手の込んだようなヘアバンドになります。今話題のカットソー素材を細く切って作られたズパゲッティというリサイクル編み糸を使えばおしゃれなヘアバンドが簡単に作れます。編んでヘアゴムに結びつける手法もあります。

UVレジンのヘアゴム

ミール皿の付いたUVレジン用ヘアゴムパーツを使いUVレジンのヘアゴムを作ってみましょう。よく使われているUVレジン液は清原のもので品質が良くしっかりと固まるのでおすすめです。UVレジン液を3~4回に分けて徐々に塗り重ねながら硬化させて作っていきます。レジンの中に好きなパーツやラメ、グリッターなどを入れて作るとすてきです。ミール皿に注ぎ込んで作るのであれば下にレジン用のシートを切り抜いて貼り付けるとバックがきれいに出ていいです。色付きのUVレジン液もあるので組み合わせて自分好みのヘアゴムを作ってみてください。

パールとリボンのバレッタ

幅広のリボンにパールを縫い付けてギャザーを絞ってバレッタにするとすてきです。針と糸でリボンの中心をザクザクと大きく縫って、バレッタの幅分パールを縫い付けます。パールとパールの間を2~3cm開けて間を直線に縫って糸を引くことできれいなギャザーが寄って仕上がりがきれいです。出来上がったらバレッタにグルーガンで取り付けましょう。

アーティフィシャルフラワーのヘアゴム

アーティフィシャルフラワーをガクの部分から切り取り接着剤やグルーガンで皿付きのヘアゴムに取り付けて作ります。いくつか色を組み合わせておしゃれなヘアゴムにしてみましょう。リボンやレースなどを組み合わせてもすてきです。グルーガンを使えばすぐに取り付けられるので簡単で子供用のヘアゴム作りにおすすめです。

花型の革のヘアピン

革を花型に抜いて中心にカシメでアクセントをつけ、グルーガンでヘアピンに取り付けます。花の形を大小で作り、重ねてカシメてもすてきです。カシメを取り付けるには穴あけポンチを使い穴を開ける必要がいります。

クラフトテープのカチューシャ

クラフトテープを2本ずつに裂いて三つ編みをして端をボンドなどで処理をしたらカチューシャに貼り付けます。グルーガンを使うと簡単に付けられます。ボンドを使う場合は洗濯ばさみで挟んで乾くまで置いておくといいでしょう。最後にカチューシャの端に柔らかい布や薄めのフェルトなどを使って包み、頭に付けたときに痛くないように処理しましょう。

毛糸を編んでリボンのヘアゴム

かぎ針で毛糸を鎖編みして適度な長さ分作り、リボン結びをして丸カンでヘアゴムに取り付けます。いくつかリボンを作って取り付けるとすてきです。一緒にチャームを垂らしたり、ラインストーンを毛糸に貼り付けたりしてもいいですね。毛糸で花を編んで花の中心にパールを縫い付けて丸カンで取り付けてもすてきです。縦長い長方形を編んで半分に折り中心を絞ってリボンのように作ってもいいですね。アイデア次第でいろいろなヘアアクセサリーを作ることができます。