ソーイングをしていると、必ず端のほつれ処理をしなければならない場面が出てきます。ほつれ止めは作品を美しく仕上げ、長持ちさせるためには欠かせない処理です。しかしその方法はひとつではありません。
どのようなほつれ止めの方法があるかをここでご紹介します。

ミシンでほつれ止めをする方法

ほつれ止めの端処理が得意なミシンはなんといってもロックミシンです。端処理に特化したミシンなので、数本の糸でくるむようにきれいにほつれ止めをしてくれます。しかし一般の家庭用ミシンでもほつれ止めはできます。

・裁ち目かがりができるミシンの場合
裁ち目かがりとは、布の端をかがってほつれが出ないよう処理することです。ロックミシン以外ではもっともしっかりとほつれ止めをしてくれます。使い方も簡単で、裁ち目かがり専用のおさえをミシンにセットしてガイド通りに縫うだけです。
ミシンによっては裁ち目かがりだけで幾つかの異なるステッチが用意されています。ほつれ止めをしたい布の種類によって選択してください。

・裁ち目かがりができないミシンの場合
ミシンによっては裁ち目かがりができないものもあります。その場合はジグザグ縫いでほつれ止めをしてください。
かがるわけではないので完璧にほつれ止めができるわけではありませんが、布端の状態は無処理よりは安定します。

手縫いでほつれ止めをする方法

手縫いでほつれ止めをする方法は2つあります。いずれもミシンより手間はかかりますが、丁寧に作業することできれいに仕上げることができます。

・かがり縫いをする
布端から数mmのところで糸を出し、布端を糸で包むように斜め方向に縫っていきます。縫い目はなるべく細かく均等にすると仕上がりがきれいです。また、布の端を三つ折りにした状態でかがり縫いをしていく方法もあります。

・布端を内側に折り込んで縫う
ほつれがおきる布の端を三つ折にして内側に入れて縫う方法です。もっとも基本的な方法ですが、縫い代をその分多く取らなければならないなどの短所があります。

ピンキングばさみでほつれ止めをする方法

ピンキングばさみという、切り口がギザギザになるはさみで縁を切ってほつれ止めをする方法です。しかし布の織り目の方向や布地の種類によってはほつれ止めの効果はほとんど期待できません。きれいにできたようでも長持ちはしないので、なるべく他のほつれ止めの方法を使うようにしてください。

バイアステープでほつれ止めをする方法

小物の縁どりや飾りに使うバイアステープで布端を包んで縫う方法です。上手に使えばアクセントにもなり一石二鳥ですが、縫い目を目立たせたくない箇所や衣服の裏側にくる部分では使えません。

専用接着剤でほつれ止めをする方法

ほつれ止め専用の接着剤を布端に塗ることで、ほつれ止めを食い止めることができます。ほつれ止めの効果は高いですが、塗布部分が白くなったり固くなったりするものがあることや洗濯できないものがあるので注意が必要です。作品を作る上で基礎的なほつれ止めに使うのではなく、衣服や布小物がほつれてしまったときの応急処置として使用することをお勧めします。

まとめ

ほつれ止めの方法は以上のようにいくつかありますが、キルト地のような厚手の布を使うときや布を縫い合わせながらほつれ止めをしたい場合はかがり縫いが便利です。またバイアステープでほつれ止めをすると作品の印象が変わって楽しいものです。今まではなんとなく布の端を三つ折にして縫っていた方も、ぜひ他の方法にチャレンジしてみてください。