髪に気をつかうようになってきた女の子はかわいいヘアアクセサリーを欲しがります。市販品でも安くてかわいいものはたくさんありますが、ママがハンドメイドしたヘアアクセサリーならお子さんの好みにもぴったり合ったものをつけてあげられます。

シフォンのリボンがついたヘアゴムをハンドメイドする方法

材料
□シフォン生地 横12cm×縦6cm 1枚
□幅1cmほどのリボン 15cm
□縫い糸
□ヘアゴム(輪になっているもの)

道具
□縫い針
□グルーガン
□はさみ

作り方
① シフォン生地を横半分に折り、縫い代を1cmとって端を縫い合わせ輪にします。このとき中心2cm分は縫わずにおいてください。
② 両端も縫い代1cmで縫い合わせておきます。
③ 縫わずにおいた2cm部分から指を入れて裏表を返し、形を整えます。返し口ははしごまつり縫いかかがり縫いで閉じます。
④ 中心部分を糸で括り、リボンの形を作ります。
⑤ リボンの裏側にヘアゴムをグルーガンで付け、ヘアゴムの接着部分ごとリボンを巻きつけます。リボンは裏側で縫いつけるか接着してください。

好みの布地でシュシュをハンドメイド

材料
□好きな生地 12cm×52cm
□ヘアゴム(長いままのもの)20cm程度
□縫い糸

道具
□縫い針
□はさみ

作り方
① 生地を中表にして12cmの辺を半分に折り、縫い代1cmで縫い合わせます。両端は5cm程度縫い残してください。
② 裏表を返し、縫い残しで生地端が出ている方を背にして二つに折ります。生地の端を合わせて縫い代1cmで縫い合わせてください。
③ ヘアゴムを中に通し、手首程度の長さになるように生地を寄せながら固結びします。
④ 開いている部分をまつり縫いして閉じます。

レジンでハンドメイドするマスコット付きスリーピン

材料
□UVレジン液
□マスコットの目になる黒ビーズなど、レジンに封入したり貼り付けたいもの
□UVレジン用シリコン製マスコット型
□台座つきスリーピン
□接着剤またはグルーガン

道具
□UVライト(なければ太陽光でも硬化できます。晴天の日に製作してください)
□楊枝など先が尖ったもの
□ピンセット
□薄いゴムやニトリルなどの手袋
□マスク

作り方
① レジンを扱うことでアレルギーを発症する場合があります。薄手の防水手袋とマスクを着用し、必ず換気しながら作業してください。
② シリコン型の中にレジン液を入れます。レジン液が透明な場合は中に好みのものを入れて固めることができます。ドライフラワーやラメ、ビーズなど、好きなものをピンセットで入れてみてください。レジン液を入れる過程で気泡ができたら楊枝などで突いて消します。
③ UVライトか太陽光で硬化します。完全に固まったことが確認できたらマスコットを型から外してください。
④ 外側からつけたいアイテムをレジンでつけます。裏側にレジン液をつけて接着し、硬化してください。
④ スリーピンの台座にマスコットを接着します。台座がおわん型になっていて付けにくい場合は、平ヤットコなどを使って台座を平たくしてください。

好きな生地でハンドメイドできるくるみボタンのバレッタ

材料
□好きな生地
□くるみボタン バレッタ金具に乗る個数
台座や打ち具が必要なタイプ、接着剤が必要なタイプはそれぞれ準備してください。
□バレッタ金具

道具
□ペンチ
□グルーガン
□はさみ

作り方
① 好きな生地を使ってくるみボタンを作ります。くるみボタンの大きさに合わせて生地をカットし、くるみボタンを製作して下さい。
② くるみボタンの裏側の糸を通す部分をペンチで切って取り除きます。
③ バレッタ金具を髪につけるときと同じように開き、グルーガンで背の部分にくるみボタンを止めつけていきます。少し重なるようにつけていくと下の金具が見えにくくなってきれいです。

まとめ

基本的な作り方を紹介しましたが、ヘアアクセサリーはアレンジ次第で更に可愛らしく作ることが可能です。お子さんが好きな色や素材をたくさん取り入れて、世界でひとつだけのオリジナルヘアアクセサリーを作ってあげてください。