ミシンで作りたい小物

ミシンを使って作りたい小物で実用的なものと言えばティッシュケースやポーチ、筆入れ、ヘアアクセサリー類だと子供用のリボンヘアゴム、シュシュやヘアバンドなどです。他にもハギレ程度で作れるのはピンクッションやしおり、コースターなど思いつくだけでもたくさんの種類があります。この中で筆入れの作り方とシュシュ、しおりの作り方をご紹介していきます。

筆入れの作り方

鉛筆などが入る大きさの細長い形の布で作ります。マチを付けて取り出しやすくたくさん入るように作ってみましょう。今回は裏布を付けづに作ります。

【材料】
・布
・ファスナー

【作り方】
1.布を鉛筆などが入る幅で長さは出来上がり寸法よりも少し長めにとって切り出します。ほつれやすい生地の場合はジグザグミシンをかけておくか、ほつれ止め液を塗っておきましょう。

2.布を中表にしてファスナーを縫い付けます。ファスナーを縫い付けるときはスライダーが邪魔になるので少しずつずらしながら縫っていきます。

3.中表にしたまま脇を縫い合わせます。

4.底の部分と脇の縫い目を合わせるように折り曲げて角を数センチ縫ってマチを付けます。マチは大きめに取りましょう。角の部分は脇に縫いとめるか短く切ってジグザグミシンをかけたりほつれ止め液を塗って処理します。面倒でなければ2つ折りにしてマチの縫い目の上に縫い付ければきれいに処理できます。表に返したら完成です。

シュシュの作り方

シュシュもミシンがあれば簡単に手作りできます。裏返すコツさえつかんだらいくつでも作れますよ。

【材料】
・布
・ヘアゴム
・糸通しor安全ピン

【作り方】
1.布を作りたいシュシュの長さの3倍から4倍ほどの長さでカットします。幅は大きければ表に返しやすく作りやすいです。

2.まず中表に切り出した布を折り、端をミシンで縫い合わせます。このとき両端を数センチ縫わずにしておきましょう。

3.次に先端を筒の中に入れて表にひっくり返します。返しにくい場合は先端を針と糸で縫い、そのまま針を筒の反対側に通して糸を引くと上手く返すことができます。

4.表に返したら縫い合わせずにおいた両端を中表で合わせて縫い合わせます。

5.ゴムを糸通し、もしくは安全ピンで通します。ゴムの端に洗濯ばさみを付けておくと勢いで筒の中に入って行かずにスムーズに作業できます。

6.ゴムを通し終えたら適度な長さで結んで、布の口を縫い合わせて閉じれば完成です。

しおりの作り方

ハギレを使って紙にミシンで縫い付けておしゃれなしおりを作ってみましょう。

【材料】
・ハギレ
・針が通る程度の厚紙
・穴あけパンチ
・リボン
・ボンド
・つまようじ

【作り方】
1.ミシンで縫える程度の厚紙を縦長に切り出します。

2.ハギレを蝶や花の形にカットします。

3.つまようじで少量のボンドを取り、2でカットしたハギレの中心に少し塗って厚紙の上にのせます。このとき一筆、線を入れたようにミシンで縫うのでその線上にハギレが来るように配置してください。

4.ボンドが乾いて貼りついたらミシンでハギレの上を縫っていきましょう。ハギレの中心を通過するように曲線にアーティスティックに線を縫いましょう。返し縫をして縫い始めの糸を始末すれば完成です。

※一度紙を縫ったミシン針は先の方が丸まって布を上手く縫えないことがあるので、予備の針を用意して使用してください。