レザークラフトで使う目打ちとは

レザークラフトで使う目打ちとは革を縫うときに糸を通す穴をあける役目があり、レザークラフト専用の菱目打ちというものがあります。これはフォークのような形をした目打ちで、革にきれいに等間隔の穴をあけることができます。

菱目打ちにはピッチの違う目打ちに対してそれぞれ刃の数の違う目打ちが用意されていて、刃の数によって使い方も異なってきます。

基本的な使い方

菱目打ちで革に穴をあける方法をご紹介します。きれいな穴をあけることで糸で縫ったときの仕上がりが違ってくるので基本の使い方を参考にきれいに穴をあけてみてください。

1.ガイドラインを引く
ステッチ用の穴をあけるためにはまずガイドラインを引きます。革に線を引くには専用のステッチンググルーバーという道具があるのでステッチまでの距離を決めたらステッチンググルーバーの巾を合わせて革のヘリに合わせながら手前に引いて線を付けましょう。角は慎重に行います。

2.菱目打ちは直角に当てる
ガイドラインが引けたら菱目打ちで穴をあけていきます。菱目打ちは革に対して直角に立てて置き、木槌やプラスチックハンマーなどで叩いて穴をあけます。1度であけようとせず、2~3回に分けて菱目打ちを革に押し込んでいくようにしてあけるときれいに開きます。

3.革が重なる部分から始まるときには
革が1枚の部分から2枚になる箇所であけ始める場合は穴を重なった部分の端からあけるようにします。こうすると頑丈にとめることができ仕上がりもきれいです。

4.前の穴に引っ掛けて
2回目からは前の穴に刃を1本引っ掛けて穴をあけていきましょう。こうすることで等間隔に穴をあけることができます。

1本菱目打ちの使い方

1本だけ刃の付いた1本菱目打ちは角や最後の巾調整のときなどに使います。1本菱目打ちはずれやすいので斜めに刺さらないように注意してあけてください。

2本菱目打ちの使い方

2本菱目打ちは刃が2本付いた菱目打ちです。小さなカーブに穴をあけるときに使います。

3本菱目打ちの使い方

3本菱目打ちは大きなカーブに穴をあけるときに使います。

4~6本菱目打ちの使い方

4~6本菱目打ちは主に直線の穴あけに使います。刃の数が多い菱目打ちを使うときは2本分前の穴に引っ掛けてあけるとよりきれいな間隔で穴をあけることができます。

代替えにできるもの

菱目打ちを購入するほどレザークラフトをしないなという人はフォークと目打ちを使って穴があけられるので挑戦してみてください。

【道具】
・フォーク(なるべく刃が等間隔に並んだものを選ぶ)
・目打ち

【穴のあけ方】
1.フォークの刃を使ってガイドラインを引きます。2本目の刃をヘリに当て、1本目でひっかいて引いてください。角度をつけることで巾の調整ができます。

2.フォークを直角に当てて強く押して刃の型を付けます。(フォークの刃では裏まで貫通することは難しいです)

3.フォークの最後の刃を1つ前の穴に当てながら次の型を付けます。

4.型が付いたら目打ちを直角に押し当てて力を入れて穴をあけていきます。

※同じ力で目打ちを押し込むことで同じ大きさの穴をあけることができます。

菱目打ちや目打ちを使うときは下にカッティングボードやゴム板などを敷いて作業をしましょう。