レザークラフトは実はそれほど専門的で難しいハンドクラフトではありません。道具類は100円ショップと手芸洋品店でほぼ揃えられますし、手順を知っていれば難しく考えずとも作品を仕上げることができます。
ここではレザークラフトで最初に揃えておきたい道具と、初心者でも簡単にできる小物を紹介します。

レザークラフトで小物を作る前に揃えておきたい道具

レザークラフトで使う道具はたくさんありますが、最初から必要になるものをピックアップしました。

・菱目打ち
革を縫うときに針を通す穴を開ける道具です。皮革を手縫いするときは針で穴を開けずに菱目打ちをハンマーで叩いて穴を開けます。フォークのような形です。

・ハンマー
菱目打ちで縫い穴を開けるとき、菱目打ちを上から叩くのに使います。

・ゴム板
菱目打ちで穴を開けたりするときに下に敷いて使います。

・レザークラフト用縫い針
通常の縫い針と違い、先が尖っていません。革を傷つけないためにも専用の針を使ってください。

・蝋引き糸
レザークラフトでは糸に蝋を引いて使います。自分で引く人もいますが、最初は引いてあるものが便利です。

・別たち
革を切るための道具です。カッターでも代用できます。

・カッターマット
カッターを使うときに下に敷きます。目盛がついていると便利です。

・定規
革を真っ直ぐ切ったり、長さを測ったりするのに使います。

・丸キリ
型紙を革に写すときに、キリを使って革の表面に印をつけていきます。また菱目打ちをするときに基点を開けるのにも使用します。

・トコノール
革のコバ(断面)や裏側を磨くのに使う仕上げ剤です。毛羽立ちやザラつきを抑え、手触りを滑らかにします。

・スリッカー
コバを磨くのに使う道具です。厚い革を扱うときには必要ですが、薄い革では使いません。

・ヘリ落とし
コバのヘリを切り落とす道具です。角が取れて丸いコバになります。コーンスリッカー同様に厚い革を扱うときに使う道具です。

・ガラス板
革の裏側を磨くのに使います。ガラスコップの裏側でも代用できます。

・ハトメ抜き、ハトメリング打ち具、カシメ打ち具
ハトメ抜きは革に穴を開けるための道具、ハトメリング打ち具は穴に沿った輪状の金具を取り付ける道具、カシメ打ち具はカシメやボタンを取り付ける道具です。

この内ハンマーやカッターマット、丸キリ、定規などは100円ショップでも購入できます。スリッカー以降は作品によっては使わない場合もありますので、使う時点で揃えていってください。

レザークラフト初心者でも縫わずにできるブレスレット

材料
□革紐 25cm×0.5cm 3本
□ワニ口(紐の端を留めるのに使う、口にギザギザのついたクリップ状の金具) 1.5cm幅×2個
□丸カン、マンテル(ブレスレット等に使う留め具)

作り方
① 革紐の端を3本並べてワニ口にしっかりと挟み込みます。
② ワニ口をテープやフックなどで動かないように止め、なるべく平たく革紐を三つ編みしていきます。手首回りぴったり一周の長さまで編んだら残りはカットします。
③ 編み終わりも同じようにワニ口で挟んで固定し、丸カンでワニ口にチェーンとマンテルを取り付けます。

レザークラフトの基本技が試せるキーリング

材料
□厚めの革 14cm×3cm 1枚
□型紙用の紙
□蝋引き糸
□カシメボタン
□キーリング用二重カン 直径3cm

作り方
① 型紙を14cm×3cmの長方形に切り、7cm×3cmになるように半分に折り、7cm×1.5cmになるように更に半分に折ります。一度目の折り目を上、二度目の折り目を右にし、左上端の横0.5cm、縦1cmの部分をカーブを描くようにはさみで切ります。
② 型紙を開き、革に乗せて丸キリで線を引いて型をとります。型が取れたら革を切り抜きます。
③ 切り抜いた革を半分に折り、上のくびれた部分に二重カンを挟みます。縁が直線になった部分の内側に接着剤をつけ、ぴったりと貼り合せます。
④ 接着剤が乾いたら接着剤をつけた部分に菱目打ちで縫い穴を開けます。縁から2mmの部分を上辺を除いて囲むように打ってください。
⑤ 縫い穴に糸を通して縫います。
⑥ 革の中に通っているリングの少し下にハトメ抜きで小さい穴を開け、カシメ打ちでカシメボタンを止めつけます。
⑦ 縁の角をヘリ落としで削り、トコノールを塗って布やスリッカーで磨きます。

まとめ

レザークラフトは少ない道具で簡単に楽しむこともできるハンドクラフトですが、熟達すればまるで高級品のような作品を作り出すこともできます。革の種類や品質も様々ですので、色々試しながらたくさんの作品を作ってみてください。