洋裁をしていく内に必ず必要になるのがミシンです。これまでは洋裁をすることがなかった人でも、お子さんの保育園、幼稚園の入園準備のためにミシンを買わなればならない場合もあります。洋裁初心者にとって、種類の多いミシンを選ぶのは大変な作業です。
ここではミシンを今まで扱ったことがない人にも分かりやすく、ミシンの選び方を解説します。

初心者にもお勧めな手芸用ミシンの種類

ミシンには三つの種類があります。特徴は以下の通りです。

・電動ミシン
電気で直接針を動かすタイプのミシンです。縫う速度は調整できますが、ゆっくり縫うとパワーが十分に出ません。また糸調子を自分で調整する必要があります。
コンパクトな機体が多いので、収納や持ち運びが楽です。小物作りや裾上げには電動ミシンが楽だと言う人もいます。比較的安価で購入できます。

・電子ミシン
電動ミシンとは異なり、ミシンの動きが基盤で管理されています。縫う速度は自在に調節でき、ゆっくり縫ってもパワーが落ちる心配がありません。糸調子は自分で調整する必要があります。縫い目は数種類から選べ、ボタンホールもほとんどの機種でつけられます。
機体は電動ミシンより大柄なものが多いですが、コンピューターミシンより軽量です。価格はコンピューターミシンより割安で、二万円以下で買えるものもたくさんあります。

・コンピューターミシン
現在メーカー各社がもっとも開発に力を入れているミシンです。速度調整が自在なのはもちろん、糸調子も自動で調整してくれます。縫い目もあらゆる種類があり、文字や模様が刺繍できる機能がついているものもあります。
機体は大きめで重量もあるものが多いですが、最近はコンパクトな機種も増えています。値段は電動、電子ミシンより高額なものが多いものの、二~三万円から買える機種もあります。

手芸用ミシンで有名なメーカー

ミシンを扱っている有名メーカーはいくつもありますが、その中でも手芸洋品店で目にすることが多いメーカーをいくつか紹介します。

・ジャノメ
世界初の刺繍ミシンを開発した国内メーカーです。国内外で広く愛用されており、機種もプロ向けから初心者向けまで幅広く発売されています。

・ブラザー
工業用から家庭用まで広くシェアを持つ国内メーカーです。他メーカーのミシンでは縫いにくい薄手の生地まで対応することができ、特に衣服の縫製に高い評価があります。

・シンガー
160年以上前にアメリカで創業したメーカーです。アメリカの老舗らしい強固な造りと、シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴です。

・ジャガー
低価格帯のコンピューターミシンに力を入れている国内メーカーです。初心者でも扱いやすく、サンリオのキャラクターミシンなど新しいユーザー向けの製品が話題です。

・JUKI
工業用ミシンに圧倒的なシェアを持つ国内メーカーです。プロ向けメーカーと言われるほど縫製技能が高く、家庭用ミシンも多くの熟練者から愛用されています。

初心者でも手芸用ミシンが楽に扱える機能

電子ミシン、コンピューターミシンにはそれぞれミシンを扱い慣れていない人にも使いやすい機能が付加されています。

・自動糸調子機能
上糸と下糸の張りを自動で調節してくれる機能です。電子ミシンにはついていません。初心者にとってはあると助かる機能です。

・ニュースレッティングシステム
通常のミシンは針が下がった状態で糸を通すと糸切れなどのトラブルの原因になりますが、この機能があると針の位置を気にせず糸を通せます。

・自動糸通し
針の糸通しが苦手な人に嬉しい機能です。針横のレバーを使って簡単に糸が通せる仕組みになっています。

・フットコントローラー
普段は使わなくても、細かく布地の向きを変えながら縫うようなときにはフットコントローラーの方が便利です。

作品がグレードアップする手芸用ミシンの機能

ミシンには縫うだけでなく、作品の完成度を高める機能がたくさんついています。その内のいくつかを紹介します。

・端かがり
生地のほつれ止めをする機能です。この機能がついていないとジグザグ縫いで代用しなければなりません。

・刺繍、文字縫い機能
あらかじめ内蔵されている刺繍パターンや文字が縫えるものから、別売りのオプションであらゆる刺繍パターンがインターネットからダウンロードできるものまであります。この機能がついているものはほとんどがコンピューターミシンです。

・アタッチメント
布を押さえる金具をアタッチメントまたは押さえ金と呼び、これを換えることで縫いにくい生地を簡単に縫ったりファスナーをつけたりすることができます。

まとめ

一般的に買える有名メーカーのミシンは、価格が比較的安くても性能はしっかりしています。用途や機能を予算と考え合わせて、長く使えるミシンを選んでください。