手芸作家は憧れの仕事のひとつです。好きな作品を作り、認めてくれた人に買ってもらうのはお金に換え難い喜びがあります。
ここでは手芸作家になるにはどういう方法があるかを見ていきます。

誰でも手芸作家を名乗ることは可能

手芸作家は特に資格などが必要な仕事ではありません。ですので誰でもなろうと思えばその日から手芸作家を名乗ることが可能です。しかし名乗ったからといってすぐに作品が売れるわけではありません。手芸作家として認知されるには実績を積むことが必要です。

手芸作家になるために作品に自信をつける

手芸にもジャンルが多々あります。たとえば洋裁ひとつとっても、雑貨を中心に作る人もいれば洋服を作る人もいます。洋服もカジュアル、ドレス、メンズ、子供服など様々で、プロの手芸作家は大抵それぞれの分野に特化しています。メインが漠然としている人は、まず自分は何が最も得意か、そしてこの先長く作っていきたいものは何かを明確化しておかなければなりません。
作品に自信がつくまでたくさんの習作を作るのも大切なことです。趣味で作るなら細かい部分は適当な処理で構わなくとも、作品として買ってもらうなら見えない部分まで完璧な仕上げが求められます。購入者以上に厳しい目線で納得がいくまで練習してください。製作者が自信を持てない作品は、消費者には見抜かれてしまいます。
作品の出来に確信が持てない場合は、教室に通ったり通信講座を受講するのもひとつの方法です。基礎から学ぶことで今まで知らなかった技術や道具の使い方を学ぶこともでき、結果として作業効率がよくなります。

ハンドメイド販売サイトに手芸作家として出品する

作品に自信が持てるようになってきたら、まずはハンドメイド作品の販売サイトに登録してみてください。
国内でハンドメイド作家が作品を出品できる販売サイトは複数あります。minne、Creemaといったサイトが有名です。
大規模なサイトは購入者が多く目に留まれば売れる可能性が高いものの、その分出品者も多いので目立たない作品は埋もれてしまう傾向にあります。一方小規模サイトは作品ひとつひとつをよく見てもらえる環境ですが、閲覧者自体が少なくオープンはしていても稼動している様子が見えないサイトもあります。各サイトをよく見比べた上で登録する販売サイトを決めてください。

ハンドメイドのイベントに手芸作家として参加する

作品数が増えてきたら、ハンドメイド作家を対象としたイベントに出展することもできます。これらのイベントは会場内でブースを借りて作品を展示販売する方式で、全国各地で多数開催されています。
出展申し込みは大抵イベントのホームページからできます。出展案内、規約をよく読んだ上で申し込んでください。費用は持ち込み作品数や売り上げに関わらず1ブースごとに参加費を支払う形式がほとんどです。
一般的には出展料や交通費、雑費を勘案すると赤字が出ないだけで大儲けと言われるほど利潤が少ないハンドメイドイベントですが、対面形式で販売することで購入者から直に意見を聞くこともできますし、イベントの規模によっては大勢の人に作品と名前を知ってもらうきっかけになります。同様に他の作家の作品を見る機会でもありますので、売れ行きに関わらず出展する価値はあります。

ホームページや委託販売で手芸作品を販売する

ハンドメイドの販売サイトで作品が売れるようになったら、次は自分のネットショップで作品を販売できるようにホームページの開設を検討してみてください。
ネットショップの開設には大前提として安定したインターネット環境が必要になります。その上でどのサーバーを借りたらいいか、どんなサービスが必要かはここでは割愛しますが、慣れていない人にとってはかなりの重労働になることを覚悟してください。しかし自分の作品をブランド化して販売したい人にとっては、ホームページの開設は必須になります。
インターネットとは別の販路もあります。地元の信頼できる店舗に委託販売をする方法です。
雑貨屋やアクセサリーショップだけでなく、美容院や旅館、道の駅などでも委託販売を引き受けてくれることがあります。ここはと思う店があれば、思い切って問い合わせてみてください。

まとめ

プロとして作品を販売する手芸作家といえば可愛らしい印象すらある職業ですが、実際は地味な作業を家でひたすらこなす仕事です。大変な根気が必要になります。
今手芸作家として第一線にいるのは、作品作りが好きという気持ちで根気のいる作業も売れない時期も乗り越えてきた人たちです。どれほどのセンスがあっても熱意がなければ続けられません。気持ちを強くもって手芸作家を志していってください。