手芸用のナイロンテープとはどんなものか

ナイロンテープとは、バッグの持ち手やベルトを作るのによく使われる幅広の硬い紐です。ナイロン、ビニール製のバッグだけでなく、質感がしなやかなので布製品にもよく使われています。
同様の使われ方でよく比較されるものにアクリルテープやPP(ポリプロピレン)テープがあります。アクリルテープは質感が柔らかく布により近いのが特徴です。PPテープは重量が比較的軽く丈夫ですが質感が硬く、家庭用のミシンでは縫いにくいテープです。ナイロンテープはアクリルテープよりは硬めであるもののPPテープよりは柔らかく、PPテープよりは脆弱ですがアクリルテープよりは丈夫です。それぞれの特性を理解し、もっとも作品に向いたテープを使用してください。

ナイロンテープで長さ調節機能のついたショルダーベルトを作る方法

ショルダーバッグにナイロンテープでショルダーベルトをつける場合、ベルトは長さの調整ができるようになっているものが便利です。長さ調節をするための移動カンの付け方を紹介します。

必要なもの
□ナイロンテープ
□移動カン(漢字の日の形になっている金具です。プラスチック製もあります)
□角カン(角が丸くなっている四角形の金具です)
移動カン、角カンはいずれもナイロンテープの幅に合わせたサイズのものを購入してください。

作り方
① ナイロンテープは15cmと140cmにそれぞれ切っておきます。これは大人用のバッグの長さです。子供用のものは10cmと100~120cmと、両方合わせた長さが身長と大体同じくらいになるようにしてください。
② 長い方のテープを移動カンに通します。移動カンに凹凸がある場合は凸の側が表です。表を上に向けて左側の下から移動カンの中にテープを差し込み、中央の棒をまたいで右からまた下へ出します。移動カンから右に出るのは2cm程度です。
③ 移動カンから左側のテープを移動カンの下をくぐって右へ出し、移動カンを通した2cm部分と縫い合わせます。移動カンを端に詰めるように、テープをだぶつかせない位置で縫ってください。
④ 長い方のもう片側の端から角カンを通します。テープは谷折りにして端を移動カンの方に戻し、移動カンの右下から中央の棒をまたいで左下へ通し、角カン側に3~40cm残して残りは引き出します。
⑤ 短い方のテープを角カンに通し、半分に折ります。カン付けはこれで終了です。

・ショルダーベルトを固定して使用する場合
表裏に気をつけてベルト端をバッグ本体に縫いつけます。

・ショルダーベルトを付け外しができるようにする場合
角カンの代わりにナスカン(D字型の金具に付け外しできるフックがついたもの)を通します。短いテープは使いませんが、代わりに長い方のテープを5~10cmほど長くしてください。ベルトのもう片方の端にもナスカンを縫いつけ、バッグ側にはDカン(D字型の金具)を取り付けます。

まとめ

手芸用のナイロンテープはナイロン繊維を織ったものなので、布地に合わせても違和感がありません。また染色が自在なのでどんな生地の色にも対応できるほどのバリエーションがあります。模様などがあるものは少なく、その点ではアクリルテープや綿テープに見劣りしますが、その分シンプルなのでカジュアルやメンズバッグにもよく合います。
手芸店には様々な色や太さのナイロンテープが売られていますので、作品のイメージに合ったテープを選んでください。