手芸で使う縁取りテープは、そのほとんどがバイアステープと呼ばれているものです。生地の端を縁取りで処理する方法は手軽で見た目もいいのでよく使われています。
ここでは縁取りテープの種類とその使い方を紹介します。

縁取りテープの種類と特徴

バイアステープのバイアスとは斜めという意味があり、縦横になっている生地目のちょうど斜め45度の角度に裁断されているので、どの角度からの伸びにも対応しやすいという利点があります。しかしニット生地のように広く伸びる生地には通常のバイアステープは対応できませんので、その場合はニットテープというニット専用の縁取りテープを使用してください。

縁取りに使えるバイアステープには以下の種類があります。

・両折タイプ
テープの中心に向けて両端を折り込んであるタイプです。縁取りだけでなく見返しの処理や裾上げなどに使うこともできます。

・縁取りタイプ
両折タイプのものをさらに中心近くで内側に折ってあるタイプです。挟むだけで簡単に縁取りができるようになっています。

・レース付きタイプ
縁取りタイプの折り目にレースやフリルが縫い付けてあるバイアステープです。縁取りと同時に飾りがつけられます。

・アイロン接着タイプ
縁取りタイプで内側にアイロンで接着できる糊がついているタイプです。縫わなくても縁取りができるので手軽ですが、はがれやすいという欠点もあります。

縁取りテープの基本の取りつけ方

縁取りタイプを使用する場合は、生地の端をテープで挟んで縫うだけです。レース付きタイプも同様にします。アイロン接着タイプは縫う代わりにアイロンをかけて接着します。アイロンだけでは不安な場合は上から縫い付けてください。
両折テープで縁取りをする場合は、片側の折り目を開いて布の端と中表に合わせます。開いた折り目部分と生地を縫い合わせたら残りのテープを生地の反対側に折り曲げて反対側から端を縫います。こうすると生地の端が布からはみ出る心配がありません。

縁取りテープの縫い付けをきれいに仕上げる方法

縁取りテープをきれいにつけるにはいくつかのコツがあります。

① 縁取りタイプは折り目からの布が長い側を裏にして縫ってください。
縁取りタイプのバイアステープはほとんどが、背の折り目からの左右の幅に差があります。この幅が広い方を裏側にして生地の端を挟んで縫うと、縫い目が裏側のテープからはみ出ることが少なくなります。

② 必ずまち針で仮止めしてから縫ってください。
かぶせただけの縁取りテープは少し動かしただけでも簡単にずれてしまいます。裏側のテープが気づかないまま捩れていたということもあり得ますので、きちんとまち針で留めてから縫うのが失敗を防ぐポイントです。

③ カーブのある作品は両折タイプを使ってください。
カーブの箇所は引っ張りながら細かくまち針を打ち、片側から縫ったらアイロンをかけて丁寧に伸ばしてください。折り曲げて生地を挟んだらしつけをかけてから縫うと縒れや皺が減らせます。しつけ糸で仮縫いしたらもう一度アイロンをかけてから本縫いしてください。

④ テープの端と端が重なる部分の処理
途中で縁取りテープが足りなくなって接いだり、一周を囲ってまた戻ったときは端と端を1cmほど重ね、外に来る側を裏に折り込んでから縫って処理します。

まとめ

縁取りテープはきれいにつけるのが難しいので敬遠してしまう人も多いですが、きれいに縫い付けられれば端処理要らずのとても便利なものです。初めは失敗しても何度かやっていく内に必ずうまくいくようになりますので、諦めずに挑戦してみてください。