指編みとは

指編みとはその名の通り編み棒ではなく指で編んでいく手法です。指に糸を掛けてリリアン編みをしたり、かぎ針編みや棒針編みのように編む方法もあります。

どんなものが編めるのか

毛糸を引っ掛ける指の数を増やしたり、編んだ毛糸を縫い合わせて広い面にしたりしていろいろなものが作れます。

・マフラー
指を棒針の代わりにして編んでいくと程よい幅のあるマフラーが作れます。指編みだとマフラーも簡単にできるので子供と一緒に編んでも楽しいですね。

・ヘアバンド
ある程度の太さで編んで両端にヘアゴムを結びつけて作ります。いろいろな色を使った毛糸とリボンが編み込まれた毛糸を2本取りで編めば表情のいいヘアバンドが作れます。

・帽子
指編みで長く編んだ毛糸をグルグルと渦巻の形に縫い合わせて帽子を作ります。てっぺんにボンボンを付ければかわいい帽子に仕上がります。

ここに紹介したものはごく一部です。他にも工夫次第でいろいろなものが作れます。

指編みに使う毛糸

指編みに使う毛糸は細いものよりも太いものの方が編みやすく風合いのよい編み物になります。

・毛糸並太~極太
余り細いものは編んでいくとスカスカになって見た目も悪く防寒性のないものになってしまいます。並太かそれよりも太い糸が良いでしょう。ただしあまり太すぎると指に掛けたときに取れやすく編みづらいので超極太などは毛の柔らかい引っ掛けやすいものを使うといいでしょう。

・ズバケッティ
Tシャツなどを作るニット生地をリサイクルして糸にしたものです。太さがあり適度な伸縮性があるので編みやすく出来上がりも面白いものが作れます。着なくなったTシャツを細く切って繋げて作ってもいいですね。

・ブークレーヤーンorファーヤーンなど
リボンが一緒によってあったり、房のように糸がが飛びだしていたりひらひらとした印象の毛糸です。通常の毛糸と合わせて2本取りで編むと、太さとデザイン性の両立ができます。

100均で手に入るユニークな毛糸

今は100均でもユニークでかわいい毛糸が手に入るので、子供のものを作ったり小物を作るのにとても重宝します。

・モール毛糸あむころ
モール状になった毛糸で太さがあります。もこもことした柔らかい毛糸でパステルカラーのミックスになっていて子供のものを編むのに丁度いいです。

・リボンリボン
リボンがひらひらとしたようなかわいい毛糸です。ふんわりとした質感でカラフルな毛が織り込まれています。

・アースメーカー(スラブーヤーン)
色がミックスされていて、よりの太さが違うおしゃれな毛糸です。粗目によってあるのでふんわりとした風合いがで編んだときに柔らかい印象のものが作れます。

指編みでマフラーを作ってみよう

毛糸を用意したらさっそく指編みを始めてみましょう。

【材料】
・毛糸(アクリルのふわもこ毛糸がおすすめ)

【作り方】
1.まず輪を作り親指にかけます。輪の作り方は輪にした糸の中に指を入れて先の糸を引っ張り出して引き締めると作れます。

2.次に指に毛糸をかけていきます。親指から始まり、人差し指を飛ばして中指にかけて薬指を飛ばして小指にかけましょう。

3.小指で折り返したら今度は薬指と人差し指に糸をかけます。

4.人差し指の後ろから出た糸を親指と人差し指にかかっている毛糸の下をくぐらせます。

5.手前に持ってきた毛糸を小指の方に向けて置き、人差し指から順に指の前にかかっている毛糸を手前の毛糸にくぐらせながら指の後ろにやります。

6.小指までいったら毛糸を親指の方に持っていき今度は小指側から手前の毛糸をくぐらせて指にかかった毛糸を後ろにやります。

7.5と6を繰り返して好きな長さに編んでいきましょう。

8.編み終わりは30cmほど毛糸を残してカットして指にかかっている毛糸に下から順に通して引き締めればOKです。