100円ショップのハンドメイド材料は、現在とても充実していてクオリティも上がっています。100円ショップの材料で作れる、大人が使える飾りつきヘアピンをまとめました。

UVレジンでハンドメイドする宇宙ブルーのヘアピン

材料
□UVレジン 青、黒、緑、紫などまたはこれらの色の着色剤
□レジン皿付きヘアピン
□ラメやビーズ、メタルパーツなど封入用の材料
□クリアファイル
□爪楊枝
□ビニールやニトリル製の使い捨て手袋

作り方
① クリアファイルを2枚に切り分けます。1枚は4分割してパレットの代わりにし、もう1枚は作品を作るときの下敷きにします。作業する部屋はドアや窓を開けて通気をよくしておいてください。
② 手袋をして青のレジンを4分割したクリアファイルの上に出し、少しずつ黒を加えながら爪楊枝で混ぜて好みの濃さにします。ラメを混ぜる場合はここで混ぜておきます。
③ 紫や緑を混ぜる場合はまた別のファイルの上に出してラメを混ぜておきます。
④ 青のレジンをレジン皿の上に爪楊枝で寄せながら流し込みます。別の色は隅などに少しずつ入れ、完全に混ざらない程度に周囲と馴染ませます。
⑤ ビーズなどを静かに沈めてレイアウトし、皿に軽く盛り上がる程度までレジン液を注ぎます。気泡は爪楊枝で突いて潰します。
⑥ UVライトか太陽光で硬化させます。

好みのビーズを巻きつけて作る簡単ヘアピン

材料
□5~8mm程度のビーズ 5、6個(ビーズの大きさとヘアピンの長さによる)
□ヘアピン
□クラフト用のワイヤー なるべく#28より細いもの

作り方
① ワイヤーは端を5mmほど折り曲げ、ヘアピンの短い方のカーブ側端で先端に向けて添わせます。その曲げた部分を巻き込むようにワイヤーを何度かヘアピンに巻きます。
② ビーズをワイヤーに通し、ヘアピンの上に来るように位置を調整しながら巻きます。ビーズを通した後はまたヘアピンに2、3回巻きつけ、またビーズを通して巻きつけます。
③ ヘアピンの先端が上に曲がっている箇所より手前で止め、最後にワイヤーを数回ヘアピンに巻き付けてからワイヤーの端を巻きつけた中に通して余分をカットし、引っかからないように平ヤットコかペンチで押さえます。

レーステープで作るリボンのヘアピン

材料
□レーステープ
□縫い糸と縫い針
□ヘアピン
□接着剤

作り方
① レーステープを作りたいリボンの長さ×2+4cmの長さでカットします。5cmのリボンを作りたい場合、必要なテープの長さは14cmです。それにリボンの中央を留める分の6cmもカットしておきます。
② レーステープを輪にし、端を1cmで重ねて縫い合わせます。縫い合わせた部分を中心にして絞り、縫い糸で括って縛ります。
③ 6cmのレーステープを折りたたんで中心をまとめるように二重に包み、引き締めて余計な部分を落としたら端と端を縫い合わせます。
④ 縫い合わせた部分を裏にし、形を整えてから接着剤でヘアピンに貼り付けます。

フェルトフラワーで作るバラのヘアピン

材料
□フェルト生地 赤または好みの色と緑
□皿付きヘアピン
□接着剤
□グルーガン

作り方
① 赤のフェルト生地を3cm×12cmにカットし、12cm辺の上部を1.5cm間隔の山型になるよう切っておきます。
② 12cm辺の下の方に接着剤を塗りながら下が平らになるように巻いてバラの形を作ります。
③ 緑のフェルトを3.5cm×1cmの山型に5枚切ってがくに見立て、下半分に接着剤を塗ってバラに添わせ貼り付けます。1枚はバラの巻き終わりをカバーしてください。
④ ヘアピンの皿にグルーガンで貼り付けます。

まとめ

レジンやフェルトなど一般的によく使われる材料を中心にまとめましたが、100円ショップにはアイデア次第で素敵なヘアアクセサリーを作れるアイテムがたくさん揃っています。お気に入りのヘアピンができるよう、色々なアイテムを試してみてください。