手芸で用いる樹脂粘土は薄く伸ばしても切れにくく、乾くと弾力がある仕上がりになります。花やスイーツを作る人に愛用されている粘土です。
樹脂粘土で作る、花をモチーフにした小物の作り方をまとめました。

樹脂粘土で小物を作る際に必要な道具

樹脂粘土細工に必要最低限の道具は以下の通りです。

・粘土板(クリアファイルで代用可)
・のばし棒
・アクリル絵の具
・木工用ボンド
・はさみ、カッター
・爪楊枝
・食器洗い用スポンジ

また他にも粘土の細かい部分を作る細工棒や、花びらや葉の型など様々な道具があります。たくさん作るようになったら買い揃えると便利です。

樹脂粘土で作る花小物 桜のミニリースの作り方

材料
□樹脂粘土
□アクリル絵の具(赤、茶、黄)
□極小サイズのペップ(花芯パーツ)先端が黄色のもの
□フラワーアレンジメント用の茶色のワイヤー
□フラワーアレンジメント用の茶色のフラワーテープ

作り方
① ペップの先端から1cmに切ったものを150本用意します。
② 樹脂粘土に楊枝を使って黄色の絵の具を混ぜ、米粒2つ程度の分量をワイヤーの端にさして1cmほど覆うように伸ばします。先端にはペップを揃えて6本刺します。これを30本作ります。
③ 樹脂粘土に楊枝で少しずつ赤の絵の具を混ぜ、ピンク色の粘土を作ります。ビー玉の3分の1ほどの量を取り分けてドロップ型を作り、膨らみのある方をカッターで5等分したら先の細い細工棒で1枚ずつ花びらを作ります。細工棒がない場合は先端が丸くなっている極細筆の柄でも代用できます。五弁の花の形ができたら先端をはさみでV字にカットします。
④ ワイヤーの下から花を差し込み、ペップが内側に入るよう花の形を整えます。赤と茶の絵の具で同様にしてがくも作り、花の下に刺したらその下にボンドを少しつけて固定します。これを30個分作り、ワイヤーをスポンジに刺して乾かします。
⑤ 花より少なめに取り分けたピンクの粘土で楕円形を作りワイヤーに刺します。上をはさみで2~3箇所浅く切り、下からがくを差し込んでボンドで留めます。これがつぼみになります。10本作ります。
⑥ 花6本、つぼみ2本をひとまとめにし、段差をつけながらワイヤーをフラワーテープで巻いて1本にまとめます。これを一枝とし、5枝分作ります。
⑦ 枝を曲げながら別の枝を重ねてワイヤーで巻いていきます。5枝で一周させ花が等分に見えるよう整えて仕上げます。

樹脂粘土で作る花小物 あじさいの小鉢の作り方

材料
□樹脂粘土
□アクリル絵の具(青や紫、緑)
□フラワーアレンジメント用の緑色のワイヤー
□フラワーアレンジメント用の緑色のフラワーテープ
□瀬戸物の小鉢

作り方
① 樹脂粘土に緑の絵の具をほんの少量混ぜ、米粒半分ほどの大きさに丸めて10cmにカットしたワイヤーの先端に刺します。これを30本作ります。
② 樹脂粘土に青や紫などの絵の具を混ぜてあじさいの色を作り、長さ1cmほどのドロップ型にして膨らみのある方をカッターで深めに4等分します。細工棒などで分けた粘土を広げてあじさいの花の形を作ります。
③ ワイヤーに下から差し込み、先端につけた緑の玉にぴったりと寄せてボンドで固定します。30本分これを作り、スポンジに刺して乾かします。
④ 濃い緑の樹脂粘土を作り、薄く伸ばしてはさみであじさいの葉の形にカットします。ワイヤーを葉の根元から先端近くまで届くように葉の中心に軽く埋め、細く伸ばした粘土で葉脈のように覆います。楊枝で他の部分にも葉脈の筋を入れます。これを3本作ります。
⑤ あじさい10本と葉を束ね、ワイヤーをフラワーテープで巻きます。これを3束作ります。
⑥ 小鉢に樹脂粘土の塊を入れ、隠すようにそこにあじさいを刺します。ワイヤーが長すぎる場合はペンチでカットしてください。

樹脂粘土で作る花小物 バラのトピアリーの作り方

□樹脂粘土
□アクリル絵の具(好みの色、茶)
□発砲スチロール製のボール 直径5cm
□丸ピン
□太めのワイヤー
□ジャムなどの小瓶
□カラーサンド

作り方
① 樹脂粘土に絵の具で色をつけ、直径5mmの玉程の量を取り分けて薄く伸ばしバラの花びらの形にします。これを花一輪につき7、8枚作ります。
② 丸ピンのボールを包むようにボンドをつけながら花びらを巻き付けてバラの形を作ります。粘土が乾いたらバラから出ているピンを1cmほどの長さにカットします。このバラを発砲スチロールボールが覆えるほど作ります。
③ ワイヤーをボールに刺し、茶色の粘土で覆って幹を作ります。
④ ボールにボンドを付けながらバラの花をびっしりと刺します。最後に幹を小瓶に挿し、カラーサンドを中に注ぎます。

まとめ

樹脂粘土細工は手間暇がかかりますが、仕上がりの美しさは本物の花にも負けません。枯れずに保つ好みの花を作り出し、家の中を彩ってください。