目玉パーツとは

人形の目やぬいぐるみの目のパーツです。糸で刺繍した目とは違い樹脂製の目玉パーツを使うことで目に艶やかな光が落ちて輝くのでぬいぐるみや人形の表情にリアルさが生まれるのです。

黒や茶色などの単色のものと、虹彩が描かれた目玉パーツとがあり、虹彩の描かれたパーツを使うとよりリアルな人形が作れます。中にはピンクやオレンジなどのカラフルな目玉パーツもあり、ツートンカラーでぬいぐるみを作る時などに使われています。

パーツの種類

目玉のパーツには色の他に取り付け方が違ういろいろな種類のパーツがあります。差し込みタイプやボタンタイプは主に厚みのある人形作りに用いられています。シールタイプの目玉パーツは平らなマスコットや紙で作ったキャラクターなどに貼って使います。

・差し込みタイプ
ぬいぐるみなどを作る時に一般的に使われるものはネジや釘状になった差し込みタイプ目玉パーツです。足の部分にボンドを塗って直接取り付けたい場所に差し込んで使います。

・ボタンタイプ
ボタンタイプのパーツは糸で縫い付けて取り付けます。足に穴が開いているのでそこに糸を通して付けたい場所に目打ちなどで穴を開け、裏側に針を通して引っ張り埋め込むようにします。

・シールタイプ
シールタイプのものは裏に粘着テープが貼ってあります。ボンドで貼り付ける裏に何もついていないタイプの目玉パーツもあります。ほとんどが平らな形状をしていて中で目玉が動くタイプの活動目玉と呼ばれるものもあります。ぬいぐるみ作りによく用いられるボア素材などにも貼れますがはがれやすいです。

目玉パーツを使って作れるもの

目玉パーツを使ってどんなぬいぐるみや人形が作れるのか集めてみました。

・起毛素材を使ったぬいぐるみや人形
ボア素材ではテディベアが代表的です。他にも動物をモチーフにしたぬいぐるみやたくさんあります。ボア素材意外にはパイル生地やぬいぐるみ用のベルベット生地などで作られたぬいぐるみもあります。

・羊毛フェルトの人形
羊毛を丸めながら専用のピックで刺して形を作っていく羊毛フェルトで作られた動物の人形などにも目玉パーツを取り付けると可愛らしさの中にリアル感が出ます。

・あみぐるみの人形に
毛糸を編んで作ったあみぐるみの人形の目にも目玉パーツを使うと生き生きとした人形が作れます。

・紙粘土の人形に
紙粘土で作った動物や人形、キャラクターなどに目玉を取り付けることでリアルな作品が作れます。

・グロテスクなものも
ハロウィンなどに使えそうなグロテスクな人形や目玉の置物なども作れます。既製の人形に目玉パーツをたくさん貼り付けたり、丸めた紙粘土に目玉パーツを刺して着色するなど方法はいろいろです。

キモカワいいものとして目玉は良く使われるので目玉を使ってアクセサリーを作ったり服をリメイクしてみても楽しいかもしれませんね。

目玉パーツを取り付けるときのポイント

差し込み式の目玉パーツやボタン式の目玉パーツは厚みがあるのでそのまま取り付けてしまうと目玉が飛び出たような状態になりあまりかわいい表情になりません。ですから、取り付ける際にはぬいぐるみや人形の目の位置を少しくぼませてはめ込んだり、糸で内側に引っ張って凹ませたりして目玉パーツが浮かないように取り付けると自然な目になります。