縁取りテープとは

縁取りテープとは一般的にバイアステープのことを言います。斜めに裁った布を折りたたんでテープを作ります。本体と同じ布で作れるので一体感のある縁取りができます。手軽に利用する場合には市販の縁取りテープも売られています。素材も綿の素材からガーゼ素材、ニット素材からコーディロイ素材のものなどさまざまなものがあります。

縁取りテープのタイプ

・両折りタイプ
両端を内側に折り曲げた両折りタイプの縁取りテープはどんな用途にも使えます。襟ぐりや袖ぐりの見返しの代わりに縫い付けたり、ゴム通しの折り返しの代わりにしたり、柄の入った縁取りテープはバッグの持ち手に縫い付けて飾りにしてもすてきです。

・パイピングコードタイプ
両方の布で挟んで縁を飾るための縁取りテープです。テープの端が盛り上がっていたり飾りが付いていたりするのが特徴でその部分が外に出るように縫い合わせて使います。

・縁取りタイプ
両折りタイプの縁取りテープをさらに半分に折り曲げた状態のものを縁取りタイプのテープと言います。文字通り縁に巻いて縫い付け、縁取りをするために使います。

布から手作りしてみよう

縁取りテープを手作りする方法をご紹介します。

1.布にアイロンをかけてしわを伸ばし、布目を真っすぐにして置きます。布が斜めになっている場合はカットして整えましょう。

2.布に45度の傾斜を付けて線を引きます。短い部分は使いません。適度な長さになる部分から4cm幅で切り出します。

3.テープの端を中表に重ねて角に正三角形ができるようにずらして縫い合わせます。

4.縫い代を割ってアイロンをかけたらはみ出した部分をカットします。

5.つないだテープを半分に折ってアイロンをかけ、開いてから中央部分に端を折り曲げアイロンをかけます。

6.折り曲げた端をもう一度折り曲げて反対側を被せるように折り曲げてからアイロンをかければ完成です。

※こうして折り曲げることで折り目にズレが出来て縁取りテープを縫い付けるときに裏側がテープの際にきれいに針が落ちるようになります。

縁取りテープで簡単スタイ

縁取りテープを使うことで型通りに裁った布で簡単にスタイが作れます。

【材料】
・ガーゼ生地やタオル生地の布
・縁取りテープ(ガーゼ生地やニット生地のもの)
・型紙orスタイ
・しつけ糸
・ベビー服用のスナップボタン
・ハンディプレス
・目打ち

【作り方】
1.型紙がない場合は手持ちのスタイを布に当てて型を取りましょう。

2.布を型通りに裁ちます。

3.縁取りテープの短い方の端をスタイの裏側に当ててミシンで縫い合わせます。初めに当てた端は内側に折り曲げ、反対側の端は重ねるようにして処理してください。折り目より気持ち外側を縫うときれいに仕上がります。

4.縫い終わったら縁取りテープを折り返して縁を包みしつけ糸でしつけをします。このとき糸が裏側の縁取りテープとスタイの間にきれいに落ちるように調整しながら縫ってください。

5.しつけが済んだらしつけ糸の上をミシンがけして、しつけ糸を取ります。

6.スタイの首に巻く部分の先に目打ちで穴を開け、ハンディプレスを使ってスナップボタンを取り付ければ完成です。