現在の100円ショップは本当にいろんな種類の品物がそろっています。そんな中今女性の間で話題になっているセルフネイルはクオリティも高くコストパフォーマンスも素晴らしいということで、巷では大変話題となっています。難しそうというイメージを持った女性や初心者の方も安心で簡単に出来るセルフネイルについてネイルケア用品やネイルグッズをご紹介します。

ダイソーのネイルグッズ商品

100円ショップといえばやはり、ダイソーやセリアですよね。もう一つはキャンドゥと言ったところでしょうか。この100円ショップでも期待を裏切らない様々なネイルグッズを取り揃えています。

まずは、ダイソーのネイルグッズをご紹介いたします。ダイソーのネイルアートブラシは細かなアートや細い線を描きたいときに非常に便利な品物です。

続いて、均等なドットを描くときに最適なハイグレードドットスティックです。ドットは筆で描くことは意外と難しいので、そういったときに重宝します。

次に王道グッズとして有名なアクリル絵の具です。ペンでアートを描くときも最適で単色でも混ぜて使っても面白い色を作ることが出来ます。

続いて、これはかなり使えると有名なラメパウダーです。簡単にグラデーションネイルを作ることが出来て、1色100円ではなく6色で100円という素晴らしいコストパフォーマンスの一品です。

もう一つはトップコートシリーズです。こちらも優秀な商品と有名でウィンマックスシリーズのトップコートを使えば、流行りのマットネイルも簡単に作ることが出来ます。

セリアのネイルグッズ商品

セリアの商品はオシャレで日本製の物が多いので、ハンドメイドをよくされている女性には大人気を誇っています。マニキュアもアートコレクションというセリアのオリジナルブランドであることから絶大な支持を得ています。

まずは、練習用のネイルチップです。数もたくさん入っていますので、初心者の方には嬉しい仕様です。色も形も様々なバリエーションがあるので用途に合わせてチョイスしましょう。

次に意外と忘れがちなダストブラシです。ファイルなどで整えた後のテーブル掃除に便利な道具です。

次に、ピンセットです。ネイルシートを台紙から剥がす時や小さなパーツを置くときに便利です。ちなみにセルフネイルではストレートタイプのピンセットが使いやすいです。

キャンドゥのネイルグッズ商品

ネイルグッズ商品を購入する時に意外と穴場なのがキャンドゥです。他にはないオリジナル商品や誰でも使いやすいシンプルな定番商品が幅広く揃っています。他の100円ショップにはないネイルグッズ商品もあります。

まずは食器洗いスポンジです。これは小さくカットして使うと便利で、無水エタノールをしみ込ませてネイルオフに使えます。

続いてはネイルシールです。手軽に楽しめてバリエーションも豊富で、シールを爪に貼り爪の形に削りとるだけという凄く簡単で使いやすい商品です。

次にVカットストーンです。これはキャンドゥにしか売っていない商品です。指先を華やかに見せたいなら必須のアイテムでストーンの輝きもあり100均とは思えないクオリティです。

ここで挙げたグッズが全てではありません。実際にお店に足を運んでどれだけの商品がどれだけのバリエーションで揃っているかを直に見てみましょう。種類がありすぎて最初は迷ってしまうかもしれませんが、100円なので少しずつ買っていろいろ試してみてください。

100均のガラス絵の具を使ってみよう

絵の具は絵の具でも、ガラス絵の具という種類が存在します。例えばステンドグラス風のウェルカムボード・POP・インテリア・プレゼントなど様々なものが製作出来ます。100均のガラス絵の具は、小さな子供から大人まで大人気のアイテムです。乾くと透き通るという性質を活かして、ステンドグラス風の雑貨をはじめ、ラッピングやアクセサリーづくりにまで大活躍してくれます。今回は今人気の100均ガラス絵の具についてご紹介します。

ガラス絵の具とは

まずガラス絵の具とは、カラフルなチューブタイプの絵の具で乾くと透き通るという特徴を持っています。普通の絵の具のように使いますが、その後まるでステンドグラスのような作品が手軽にできるということで人気を集めています。

商品も以前とはボトルが変わったようで、描きやすくなったそうです。ただ、細かい線は書きづらくなってきたようです。ちなみにダイソーにあるガラス絵の具は、白・黒・茶・こげ茶・ピンクなどの単色と、ラメ入りカラーもあります。セリアでは、黒や白が販売していないのでまずはダイソーに足を運んでみてください。

使い方

ガラス絵の具の使い方の一例として、ガラス絵の具の特性を活かしたステンドグラス風の絵を描く方法をご紹介します。

作業前に下準備として、クリアファイルまたは透明シートをカットします。そして下絵の上にセットしずれないようにセロテープやクリップでとめておきます。初心者の方は特に下絵はあったほうが良いと思います。もちろん感覚で描いても大丈夫ですが、だんだんとずれてくる場合もあって出来上がりに左右します。また、描く前に配色も考えておくと良いです。

まず、黒のガラス絵の具で縁取りをします。チューブの先が細くなっているので、このままコツもいらず線を描くことができます。最初はきちんと端から端に黒色がつながるか、端が外枠までつながるかなど色が混じらないように注意します。ちなみに、黒と白は不透明に仕上がります。たっぷりと盛るように塗ることが大切です。

黒色は30分~1時間で乾きます。念のため軽く指でつついてみてください。次は枠の中に色を塗っていきます。こちらも、量を多めに盛るように塗ってください。それが綺麗に仕上がるコツです。塗ったときはまだ不透明ですが、乾くと綺麗にに透けて見えてきます。細かな部分は、爪楊枝を使って色を埋めていくような感じで塗ります。また、はみ出したときはすぐに綿棒などでふき取りましょう。

次に、乾燥させます。だいたい乾燥時間は約8時間だそうですが、盛りあがり気味に塗っているので余裕をみて半日ほど乾燥させる方が良いかもしれません。そして最後に、クリアファイルからはがして、飾りつけをして出来上がりです。

まとめ

最初はなかなか思い通りにいかないことも多いです。しかし、何度か繰り返していくうちにだんだん技術が上がっていることを自身で気づくときが来ます。飾るための本番作品を作る前に初心者の方はまず、ガラス絵の具の使い方と特性を体で覚えるために単調な線や円をかいてそこに色付けしていく練習をしてみても効果的です。後は乾燥時間や量を多めに塗って綺麗に仕上げるコツなどを繰り返しながら感覚をつかむと良いです。