100均の樹脂粘土で楽しむ

100均のクラフト材料として人気の樹脂粘土。粘土ですからいつでも手軽に作れる初心者の方にも優しいクラフト材料です。樹脂粘土は成形させて乾燥させることで硬化する性質を持っています。特別な技術や作業も必要ないので、手軽で安全に楽しむことが出来ます。そして、カラーバリエーションも豊富なので好みの色を混ぜて作品を作ったり成形した後でカラーリングを施すことも出来ます。ダイソーに売ってある樹脂粘土は白・黒・青・赤・黄・緑・茶・イエローオーカーの全8色が販売されていて、2種類以上を混ぜることでいろんな色を作り出すことが出来ます。色付けが必要なく混ぜるだけで色を作ることが可能なので初心者の方には嬉しい仕様となっています。

そしてもう一つ100均の樹脂粘土の良い所は、30gという容量です。これは小物作品を作るとき多すぎず少なすぎない最適な分量で余りや無駄が出にくいというメリットもあります。おまけに、100円というコストの低さです。手芸専門店などに買いに行くと粘土だからと言って決して安いものではありません。

樹脂粘土作品の第一歩

いきなり自分の思うような形を作るのは難しいのは当たり前ですよね。そこで、作る行程や感覚を掴むために良いきっかけとして「はにわ」を作り箸置きと爪楊枝入れを作ってみましょう。

材料は手ぬぐい2枚、麺棒、割りばし2膳、爪楊枝、マジックくらいの太さの棒、定規、木工用ボンド、やすり を用意します。

まずは粘土を伸ばす作業を行います。粘土は練った方が良いものと練らなくても使えるタイプがあります。しかし、この作品においては曲げたりひも状の形にしますので、よく練ってひび割れを防ぐように心がけてください。そして約3センチ幅に印を付けて定規を当てて粘土を切っていきます。次にマジックくらいの太さの棒に粘土を巻きつけて少しゆったり重なるところではさみを入れます。この後はにわの頭の部分となるように棒から少し粘土を上に出して、水を少しつけながら包んで丸く閉じていきます。これではにわの体はほぼ完成です。

次にはにわの腕を作ります。まず粘土を細長くしてほど良い長さで切ります。これで腕は完成です。あとはこの腕をはにわの体に木工用ボンドで接着します。あとは、乾燥させしばらく待ったあと、つなぎ目や小さなヒビがあればやすりをかけて綺麗に仕上げていきます。そして最後にニスを塗り乾燥させれば完成です。箸置きは腕の形やはにわを寝かせたりして使うことも出来ますし、爪楊枝入れならはにわの頭の部分をカットして空洞にすれば使うことが出来ます。

手際よく作品を作れるようになるまでは、思うようにいかず形にするまでに粘土がどんどん乾いていきます。乾ききる前に水に濡らした手ぬぐいを硬く絞って粘土を包み伸ばし棒で伸ばしながら使ってください。手ぬぐいは濡れすぎていると粘土が手ぬぐいにくっついてしまいますので、必ず硬く絞ってください。

 

100均プラバンアクセサリーの神髄

現在、プラバンアクセサリーのブームが来ているのかどうかは分かりませんが、繰り返す波のように数年間から話題にはなっていることは確かです。しかし、ブームがあろうとなかろうと作り続けている人がいることも事実です。プラバンアクセサリーは誰でも出来ます。だからこそ、今は初心者であってもブームなんて関係なく長く作り続けることが出来るのだと思います。そこで、ここではプラバンアクセサリーについて知っておいて欲しいことを説明します。

まず最初に

プラバンを作るには絵が描けないと出来ないなんてお考えの方はいませんか?絵がうまくなくてもオリジナリティ溢れる絵が描けないとプラバンを作ることは出来ないなんて、そんなことは絶対ありえません。実はそのような先入観を捨てて解決する術は「書き写し」という技術で解決できます。絵の技術や才能がないと思っている人でもプラバンを作る人はこの書き写しをして製作をしている人が非常に多いです。これなら技術も才能も関係なく好きなデザインを描くことが出来ます。しかし、ただ油性ペンだけで作るプラバンは小学生が短時間で作ったようなチープな感じが否めません。でも何故、プラバンが根強く作り続ける人がいるのか?それは、アイデアの数だけ着色の種類も増えて完成度が昔とは比べ物にならないほど変わってきているからです。低コストで値段以上のクオリティで作ることが出来ることが大きな理由です。

安っぽい作品にならない方法として油性ペンとアクリル絵の具を組み合わせる方法があります。これだけで、作品の完成度が随分と変わってきます。作りたいプラバンの雰囲気や種類によって揃えるペンの材料も違ってくるので、その都度確認をしながら買い揃えていきましょう。

各材料の着色方法

アクリル絵の具を使った着色はプラバンを作るうえで一番よく使います。まず、書きたい絵を油性ペンでラインの書き写しをします。その後、色を塗らずにプラバンを焼きます。そして焼き終わったプラバンの裏面から絵具を塗ります。ここがポイントです。細い線で描いたイラストに多くの色を使う作業はとても大変なことです。色が混ざったりしないようにしっかりと乾燥させます。

次にポスカで作る場合、アクリル絵の具とは逆でプラバンを焼いた後に塗るとムラになりやいので乾く前に何度も重ねて塗り続けていきます。焼く前にポスカを塗ると、ポスカで描いたラインはプラバンの焼き上がり時にマット状になります。ちなみに、ポスカでの着色は擦れると色が取れてきます。そんな時はレジンや油性ペンでも滲まない水性のニスなどを塗ってコーティングをすると効果的です。

他にも色鉛筆で作る方法や、クレヨンを使った方法、マニキュアを使ってプラバンを作ることも可能です。どのやり方も出来上がりが全然違ってそれはそれで楽しむことが出来るのでいろいろ挑戦してみてはいかがでしょうか。しかし、特にアクリル絵の具での着色はプラバンを作るうえで基礎的なポジションなので何度か練習して慣れていってください。

手を汚さないために

着色の時に手が汚れることを皆さんは気にするところです。そんな時、手を汚れないようにするために2つの道具を使って対策をしましょう。まずはマスキングテープを輪っか状にして両面に粘着がある状態にします。そして、テープを棒とプラバンで挟むようにくっつければ完成です。こうすることで着色する時プラバンが動かないというメリットもあるので、ぜひ試してみてください。

まとめ

まだまだいろんなものがたくさん作ることができ、その数は無限です。アイデアの数だけどれだけでも作ることが可能で楽しさも相当な物となるでしょう。今初心者の方もスキルアップしていく早さは想像以上です。そうなれば、いつでも自分が作りたいと頭に描いているイメージ通りの作品を作ることが出来ます。是非まだ挑戦したことないお友達も誘って一緒にたくさんの作品を作ってみてください。